加藤紗里、腕全体にがっつり“巨大蛇タトゥー”に賛否「超かっこいい」「子供がかわいそう」

拡大画像を見る

 タレントの加藤紗里(31)が24日までにインスタグラムを更新。腕に入った大きな蛇タトゥーを公開した。

 2日前の投稿で「ボラギノールしか勝たん #助けてくれる #塗り心地グッドです」とつづっていた加藤だが、この日は「実は紗里、痔ぢゃありません。#蛇 #タトゥー #墨に〜はボラギノール」と、ボラギノールをタトゥーを入れた部分の痛み止め・痒み止めとして使っていたことを説明。併せて、右腕の肘下全体に大きく入った蛇のタトゥー写真を公開している。

 加藤の迫力満点の蛇タトゥーに、ファンからは「超かっこいい!いかついすね」「すごく似合ってる さりさんのワイルドさ好きだよ」「さりちゃんだから似合ってる」「姐さん、さすがにちょっと怪しい人みたいだけど、凄く似合い過ぎてるよ〜」「突き抜けてるから何しても様になるから、これからも自分らしさで突き抜け続けてもらいたい!」と絶賛のコメントが寄せられている一方、腕の広範囲にわたる大きさのタトゥーであるためか「紗里ちゃんこれガチ彫り?ヘナ?」「めっちゃ時間かかりそうな大きさだからヘナでは?」「シールでありますように」「ペイントかシールでしょう」「随分立派なタトゥーシールですね!」「流石にこんな場所にタトゥーは入れないだろww」「シールである事を願います ガチで入れたのなら、子供がかわいそうだよ 常に隠して出かけないといけないし...」といった声もあがっている。

 過去の投稿でも、さまざまな箇所に入ったタトゥーを公開している加藤。今後もどんどんタトゥーが増えていく!?

関連リンク

  • 6/24 11:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます