スタバが47都道府県別「47JIMOTO フラペチーノ」発売に! ずんだ餅やカステラなど攻めた味をピックアップしてみた

拡大画像を見る

全国47都道府県のスターバックス店舗に、地元スタッフが考案した「47JIMOTOフラペチーノ」が新登場。

全47種類のフラペチーノを、それぞれの地域で楽しめるそうなんです♪

注目したいのは “ご当地ならではのフレーバー”

北海道はとうもろこし、長崎はカステラ……といった具合に、個性がさく裂しているんですっ!

【とうもろこしを使ったフラペチーノ!?】

スタバ日本上陸25周年を記念して、2021年6月30日から販売をスタートする「47JIMOTOフラペチーノ」。

地元スタッフが「これぞ、わが地元のお客様に届けたい商品」として商品化したメニューで、どれも地元愛にあふれています。

なかでも目を引くのが、各都道府県の名産品をフィーチャーしたフラペチーノ

例えば北海道は、国内の収穫・出荷量がともに全国1位を誇るとうもろこしをチョイス。

とうもろこしのフラペチーノと聞くと意外な感じがしますが、見た目はとっても美味しそう!

なんでも、地元の生乳を使用したクリーム×ホワイトチョコレート風味のシロップ×とうもろこしフレークを加えられているらしく、飲んでみたくなります。

【カステラも気になるゾ…】

そのほかにも、珍しい上に地域性が高いフラペチーノが盛りだくさん。

宮城:ずんだ
新潟:柿の種
千葉:みたらし
福井:お米
愛知:あんこ(※小倉トーストからインスパイア)
香川:和三盆
長崎:カステラ

と、ご当地ならではの素材をつかっています。どのフラペチーノも興味をそそられますが、個人的に気になるのは長崎のカステラをフィーチャーしたフラペチーノ

なんと、「エスプレッソロースト」を抽出して浸み込ませたカステラを混ぜ合わせている(!)らしく、想像するにティラミスみたいな感じなのでしょうか……?

なお、千葉は「醤油の生産量全国1位」らしく、地元産の醬油を使用した「みたらしソース」を取り入れているそう。

また福井は、「コシヒカリ発祥の地」であるため、お米に圧力をかけてふくらませた「米ポン(ポン菓子)」を混ぜ込んでいるんですって。

【期間限定メニューです!】

「47JIMOTOフラペチーノ」はTallのみで、テイクアウトの場合は669円、店内利用の場合は682円となります。

2021年8月3日までの販売予定ですが、無くなり次第終了となるので、早めにチェックを〜!

参照元:スターバックスコーヒー ジャパン(1)(2)
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 6/23 16:00
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます