『ヒノマルソウル』はオリンピック賛美のプロパガンダ映画ではない!その理由を解説

拡大画像を見る

 映画『ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち』が公開中だ。実は、本作の予告編を観た一部の人からは、その倫理観を疑う声が聞こえていた。

 なぜかと言えば、スキージャンプ競技の安全性を確認するために、25人のテストジャンパーが悪天候の中で「命がけで飛ぶ」ことを、まるで美談に仕立ててるような印象があったからだ。加えて、東京五輪の開催予定日まで1ヶ月を切り、国民の多くが反感を持つ中での公開であるため、オリンピック賛美のプロパガンダ映画だと思っている方も少なくはないだろう。

 結論から申し上げれば、『ヒノマルソウル』の実際の本編は、全くそうではなかった。自己犠牲を賛美することを避け、なおかつオリンピックを無闇に肯定することもない、1人の人間の複雑な真理を追った人間ドラマとして、極めて誠実に作られた映画だったのだ。その理由を記していこう。

●夢を打ち砕かれた男の屈辱と嫉妬の物語

 まず強調しておきたいのは、本作のメインプロットが「仲間に金メダルの夢を打ち砕かれた男の屈辱と嫉妬の物語」であるということだ。何しろ、オープニングで主人公の西方仁也は、1998年長野五輪のスキージャンプという大舞台に挑む日本代表選手の原田雅彦を見ながら、こう心の中で思うのである。「なんでお前がそこにいて、俺がここにいるんだ」「落ちろ、落ちろ」と。

 そこから物語は、4年前のリレハンメル五輪へと移る。原田はこの時に「無難に飛べば十分」の場面でジャンプに失敗してしまい、金メダルを逃してしまったのだ。仲間の西方は、表向きには原田を責めないでいたが、実際は自身が金メダリストになる夢を潰した原田への憤りに満ちていた。

 西方はその後に人生の全てをかけ長野五輪に挑み、ケガをしても堅実なリハビリを続け、確かな実績も積み上げていたのだが、代表選手に選ばれることはなかった。あまつさえ、リレハンメル五輪で日本中を失望させたはずの原田は代表選手となり、自身は裏方の仕事であるテストジャンパーの仕事を打診される。そのため、西方は「なんで、俺の夢を潰したお前が代表選手で、俺はテストジャンパーなんだ」と、さらなる理不尽と劣等感にさい悩まれる、というわけなのだ。

 実在のスポーツ選手の「負の感情」をここまで容赦なく、しかもオープニングから克明に描く、というのは1つの挑戦だったのだろう。劇中の西方は、かつての仲間である原田を憎むばかりか、「寄せ集め」のテストジャンパーたちの自己紹介にも顔を曇らせる。それでも表向きは最年長の先輩として仕事に取り組むが、意識せず彼らを見下していることを気取られてしまう。その言動は間違ってはいるが、同時に理解もできてしまう、感情移入しやすいものでもあった。

 これは、過酷な競技に挑むスポーツ選手に限った話でもないだろう。自身の努力が実らずに、誰かに「なんであいつだけが成功するんだ」と嫉妬するのは、多かれ少なかれ、社会で生きていれば誰しもが経験するものではないか。劣等感で悩みすぎた結果、その相手のみならず周りの人を傷つけてしまうということも、よくあることのはずだ。その普遍的な心理を、日本代表選手からテストジャンパーへとなった男の姿を通じて、強烈なまでに描いたことこそ、本作の最大の意義ではないだろうか。

 その主人公の西方を演じた田中圭が、実に素晴らしい。これまでも「表面上は優しそうであっても、一皮剥けばドス黒い感情に満ちている」役を見事に体現していたが、本作でもほんのわずかな表情の機微に、複雑な感情の揺れ動きを見ることができるだろう。その他、 土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂46)なども、忘れ難い個性的なキャラクターを好演している。『カメラを止めるな!』(2017)で一躍名を挙げた濱津隆之が、演じている原田と「くしゃくしゃ」した親しみやすい顔がとても似ていること、その積年の思いが伝わる表情にも注目してほしい。

 予告編で問題視されていた「悪天候の中、25人のテストジャンパーが全員飛ぶことに成功したら、競技が続けられる」という展開はもちろん本編にも存在する。しかし、主人公の西方は真っ先にこのジュリーからの打診を「俺たちはモルモットじゃない!」と真っ向から批判し、コーチも彼らの命を危険に晒させないと突っぱねるのだ。

 では、テストジャンパーたちは、最終的に何のためには飛ぼうとするのか?ネタバレになるので具体的には書かないでおくが、その決断には彼ら1人1人の人生への思いが詰まっており、西方も前述した「屈辱と嫉妬の感情」に向き合うことになる。「金メダルのため」や「日本のスキージャンプの未来のため」といった単純な大義名分を超えた、それぞれのパーソナルな理由があり、中には愛情と表裏一体の「エゴ」と言い換えても成り立つものもあった。

 主人公の西片を筆頭に、複雑な感情が渦巻く人間ドラマが築かれた上で、「命を最優先にする」価値観も十分に描かれているため、自己犠牲を美談として押し売りするような不快感はまったくなかった。バランスよく、欺瞞にならないよう、細心の注意が払われた脚本作りができていたのだ。

 そして、日本中の期待を背負う代表選手のみならず、記録にも記憶にも残らない裏方の仕事のはずのテストジャンパーたちが「それでも絶対に飛びたい」までの痛切な思いを抱えていることを知り、そしてその先で彼らが「達成」できたこと、特に長年にわたって葛藤していた西方が「手に入れたもの」には確かな感動があった。それは、彼らが個性豊かな血の通った人間として描かれたおかげでもある。

 その感動は、映画という媒体でしか描けないものだ。普段のニュースや新聞で観るのはトップアスリートの輝かしい活躍ばかりであり、過酷な上に地味に見えるテストジャンパーの仕事、ましてや代表選手に選ばれなかった屈辱や嫉妬の感情など、スポットが当たることはほとんどないのだから。それでいて、ワイドショー的に恣意的に誘導することなく、観客がそれぞれのテストジャンパーそれぞれに思いを馳せ、心から感情移入できるのだから。

 ちなみに、劇中には1998年長野五輪の当時、スキージャンプに女子部門がなかったにも関わらず、テストジャンパーの仕事に就く女子高生も登場する。「どうしたってオリンピックに出られない」彼女が、それでも飛びたいと願う理由にも、グッとくる人は多いはずだ。

●観る前のイメージで判断してしまうのは、あまりにもったいない。

 『ヒノマルソウル』の飯塚健監督も、Facebookで「一つ、これだけは言っておきたい。プロパガンダ映画ではない」と強調したコメントをしている。実際に観てみれば、それが本当であることは伝わるだろう。

 だが、本作が政治利用される可能性もゼロではないだろう。前述した通り劇中では複雑な感情が渦巻いており、自己犠牲を賛美することも避けているのだが、見かた次第では「代表選手やテストジャンパーたちは人生や命をかけてでもオリンピックを成功させたいと願ってた」という単純な解釈もできるため、「だから、彼らの思いに応えるためにも東京五輪も開催すべきなのだ」という今の状況への転換もできてしまう。言うまでもなく、選手だけでなく世界中の人々を危険に晒すことになる今の東京五輪とは、根本の問題が全く異なるのだが……。

 なお、『ヒノマルソウル』は新型コロナウイルスの感染拡大、および緊急事態宣言における映画館の再休業により、2度に渡る公開延期の憂き目にあった。その結果、オリンピックそのものを、多くの国民が反感を覚えるどころか憎悪してしまうタイミングで公開されたのは、なんとも気の毒だ。政治利用されなかったとしても、本作になんとなくのイメージで反感を持っている方も少なくはないだろう。

 しかし、それはあまりにもったいない。『ヒノマルソウル』はオリンピックおよび東京五輪の開催の是非などとは関係なく、キャストとスタッフが熱意を持って人間ドラマに取り組んだ、極めて誠実に作られた映画だったのだから。観る前の印象はもちろん、劇中の出来事にもバイアスがかかってしまうことは致し方がないが、それでも「観ればわかる」完成度と志の高さがあると、筆者は訴えたい。ぜひ、劇場でご覧になってほしい。

  • 6/24 7:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます