【初心者向け】チンチラの飼い方!ペットの寿命や値段を徹底解説

拡大画像を見る

丸くふわっとした姿がかわいいと人気のチンチラ。しかしペットとしてはメジャーではないため、よくわからないという方も多いはずです。今回はチンチラの飼育方法をはじめ、寿命や値段を解説します。飼いたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。


チンチラとは


pixta.jp


チンチラはげっ歯目チンチラ科チンチラ属に分類される動物。南米チリの固有種で、野生のチンチラは山間部に生息しています。

丸くぬいぐるみのような見た目がかわいらしく、近年ペットとして注目が集まっています。


チンチラには豊富な種類がある


pixta.jp


チンチラはグレーやベージュ、ホワイトなど10を超える品種が存在します。グレーが最もメジャーな品種で、野生のチンチラと同じカラー。街中のペットショップでも多く取り扱われています。

反対に希少な品種としては、バイオレット(青紫色)やアルビノなどがあり、流通数が限られ値段も高価になります。


チンチラの寿命はペットとして約15年


pixta.jp


チンチラは小さな動物ですが、飼育下での寿命は約15年と比較的長命です。飼育環境によっては20年ほど生きる個体もあるため、飼育する際には長い付き合いになることを理解する必要があります。

野生での寿命は約6年とされ、天敵の存在や過酷な環境下の影響でペットとは大きな開きがあります。


チンチラの値段は3〜8万円ほど


pixta.jp


チンチラの値段はカラーによって大きく差があります。

メジャーな品種であるグレーは3万円前後と、比較的手の届きやすい値段で流通していることが一般的。一方でホワイトやバイオレットなどの希少な品種は8万円を超える個体も多く、ペットショップでの取り扱いも少ない傾向にあります。


チンチラはどこで購入できる?


pixta.jp


チンチラは街中のペットショップで購入するのが一般的です。チンチラを取り扱うショップは多く、飼育セットもそろうため容易に飼育を始められます。

専門的な知識を持ったところで購入したい場合はチンチラを専門に取り扱う店舗や、ブリーダーを探すのも方法の一つです。


チンチラの里親募集もある


pixta.jp


チンチラは、他の動物と同様に里親募集が行われています。ペットの里親募集サイトや、掲示板サイトなどで複数の募集があるため、里親を1つの選択肢として考えることもおすすめです。

里親としての譲渡は金銭がかかりません。譲渡誓約書を取り交わすことで、正式に受け取りが完了になります。


ジモティー チンチラの里親募集


チンチラの飼育は動き回れる大きさのケージで


pixta.jp


チンチラは活発な動物であるため、ある程度動き回れるサイズのケージが必要になります。また、夜間に一定時間ケージから出して遊ばせることも必要です。砂遊びもするため、ケージの中に砂を敷いた入れ物も置きましょう。

南米の山間部が生息地のチンチラであるため、室温は20度前後に保ち、極力ストレスをかけない環境を作ってあげることが大切です。


チンチラはなつく


pixta.jp


チンチラは個体差はあるものの比較的なつきやすく、手に乗ってきてくれることもあります。警戒心が強く、心を開くまでに時間がかかる個体もありますが、普段から適切な環境を整備して信頼関係を気付くことが大きなポイントです。

チンチラは、集団で飼育すると喧嘩をすることも多いためできる限り単独での飼育が推奨されています。


チンチラの餌は牧草がメイン


pixta.jp


チンチラは本来、草や樹皮を食べて生活する生き物であるため、飼育する際には市販の牧草をメインで与えることが理想です。ペレットは補助的な栄養素として少量のみ与えましょう。

夜行性であるため、食事は主に夜間に行います。朝起きた時に食事量に異常がないか、しっかりと確認することが大切です。


チンチラをよく知って飼育に備えよう


pixta.jp


今回はチンチラの飼育方法や特徴について解説しました。
チンチラはぬいぐるみのような可愛らしい見た目が人気で、体が強いこともありペットとしての人気が高まっています。しかし、ペットを飼育するということは責任をもって長く付き合っていくということでもあります。万全の状態でチンチラを迎え入れ、楽しいペットライフを送りましょう。


  • 5/24 10:04
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます