「高校で数学を捨てた人」が社会で苦労する理由が証明された!

拡大画像を見る

 突然だが、次の二次方程式を解いてみてほしい。

 x²+2x−4=0

 上記の問題が解けないという人はまずいかもしれない。これは高校1年で習う問題。心理学者によれば、高校1年で数学を諦めた人は重要な脳内物質が減少するそうだ。

「オックスフォード大学の実験心理学部門の最新研究によれば、16歳で数学を捨てた学生は、脳内(中前頭回)のGABA(γアミノ酪酸)という物質の濃度が著しく減少することがわかりました。この脳内物質が減少すると、推論、問題解決、記憶など多くの重要な認知機能に問題が出ることが判明。これらの脳の機能はビジネスシーンでは欠かすことのできないものです。この研究結果の興味深い点は、物理や化学、生物といった他の理系科目ではGABA濃度の変化はみられず、数学のみ減少するという結果だったことです。数学を学習したかどうかによって、その後の人生に大きく影響を及ぼしてしまいます」

 このニュースを受けてネット上では「周りの人と比べて自分の頭が悪いのはこれが原因だったのか」「うちの会社にも話が通じない〝THE・文系人間〟の上司がいる」「日本の数学教育は公式のまる暗記なので、この研究結果は当てはまらないのでは」など様々な意見が出ている。

 では、高校時代に数学を諦めた人は、ロジカルな思考法を鍛えることはできないのだろうか。「大人の数学教室」で教鞭を執る講師は、大人になってからでも数学に強くなることは可能だという。

「多くの人が誤解しがちですが、数学の得意不得意は素質よりも〝思考の癖〟という側面が強い。そのため、学生時代に数学で苦労したという人の中には、公式などの暗記が不得意なだけだったり、先入観から苦手意識を持っていただけだったというケースも。大人になって改めて数学をロジカルに理解してみたら、実は簡単で得意になったという人もいます。また、普段の生活の中で数学脳を鍛えることもできます。たとえば、会社の売上を『多い/少ない、増えた/減った』と抽象的に理解するのではなく、『昨年と比べて利益が3000万円増えたので、比率でいうと120%アップした』というように、具体的かつ客観的に数字を意識するようにする。あるいは、放物線のグラフを見たときに、『このグラフはこういう関数を使って作ったんだな』と論理的に考えるようにする。こうした日々の鍛錬によって、ロジカルな思考法は自然と身についていきます」

 さて、冒頭の二次方程式の解答だが、残念がら筆者は合っている自信がないため、読者が自力で解いてみてほしい。

(橋爪けいすけ)

関連リンク

  • 6/24 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • あきひろ

    6/27 19:21

    高校でやる2次方程式って要は因数分解とかいうやつのパターンと応用の訓練みたいなもんだから解の公式使わすような問題は出しても一問ぐらいだろうなこのライターは素人。

  • ぽてと

    6/27 13:11

    ー1±√5

  • 数学に限らず、文系が覚束なければ、全ての教科も多少苦労すると思いますが?違うのかな? 思考の癖かぁ… 私もその癖を治したら、数学出来る様になるのかな?

記事の無断転載を禁じます