鳥貴族に導入!クラウドシフト管理「らくしふ」で複数店舗のシフトを一括管理

拡大画像を見る

 クロスビットは6月23日、クラウドシフト管理SaaS「らくしふ」が、鳥貴族ホールディングスのシフト管理ツールに採用されたと発表した。

 鳥貴族ホールディングスは、新型コロナ禍の2020年にらくしふを導入。夜間の営業が主であるため日々変化する政府や各都道府県知事からの要請を受け、営業時間の変更など柔軟に対応する必要があった。
 そのため、リアルタイムで複数店舗の一括シフト管理ができるらくしふにより、柔軟なシフト調整が可能になり、経費削減にもつながったという。
 らくしふについて鳥貴族ホールディングスは、「店長の作業工数が大きく削減できただけでなく、店長と店舗スタッフのコミュニケーションギャップも解消できた。店舗ごとの採算管理体制強化を推進しているなか、現場からの要望もあり導入店舗数が増加している」と評価する。
 らくしふは、単独店舗から大規模チェーンまで幅広い事業規模で利用可能なシフト管理のクラウドサービス。スタッフのシフト希望の回収からシフト作成、労務管理、予実管理・人件費などの可視化・最適化まで、シフト管理業務のDX化を支援するという。

関連リンク

  • 6/24 8:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます