キンプリ、日テレ深夜で10月レギュラー開始!Snow Man駆逐、WEST潰しの「嵐の道」!!

拡大画像を見る

「King&Princeの冠番組『King&Princeる。(キンプる)』(日本テレビ系=以下同)のレギュラー化が決定したそうです。10月スタートで、時間は現在『ウチのガヤがすみません!』が放送されている火曜深夜の『プラチナイト』枠です」(制作会社関係者)

『キンプる』は、キンプリのメンバーが面白く成長するために、さまざまなお題に体を張って挑戦する、というテーマのバラエティ番組で、5月23日に単発として1度放送されている。

「キンプリは、5月8日放送の嵐・櫻井翔さん(39)の番組『1億3000万人のSHOWチャンネル』で、8月21日と22日に放送される『24時間テレビ』のメインパーソナリティに就任することも発表されています。

 夏の風物詩である『24時間テレビ』での大役に加えて、冠番組のレギュラー化ですから、キンプリのメジャー化が一気に進んだ感がありますね」(前同)

■ジャニーズグループと縁深い“日テレ深夜枠”

『キンプる』が放送されるという日テレの深夜枠は、ジャニーズアイドルにとっては縁深い時間帯だという。

「日テレやジャニーズとしては、キンプリに深夜番組でバラエティのスキルを鍛えさせて、いずれは嵐のようなアイドルになってほしい、と願っているのではないでしょうか。嵐も『VS嵐』(フジテレビ系)や『嵐にしやがれ』(日本テレビ系=以下同)とゴールデン・プライム帯の番組を持っていましたが、そのルーツは日テレの深夜枠にあるといっても過言ではありませんからね」(前出の制作会社関係者)

 嵐は、2001年10月スタートの『真夜中の嵐』を皮切りに、『Cの嵐!』、『Dの嵐!』、『Gの嵐!』、そして2010年3月まで放送された『嵐の宿題くん』まで、日本テレビで9年にわたって、深夜番組を続けてきた。

「嵐は番組でさまざまな経験を重ねて、バラエティスキルも向上し、『嵐の宿題くん』と入れ替わるように2010年4月から『嵐にしやがれ』が土曜22時台でスタートし、後に21時台に移動しました。キンプリも嵐が鍛えられた日テレの深夜枠に足を踏み入れるわけですし、いずれ深夜番組が好評となれば、嵐と同じようにゴールデンやプライム帯に進出してくるかもしれませんね」(前同)

■後輩・Snow Manに後塵を拝していたが……

『キンプる』のレギュラー化が決まったというキンプリだが、グループの冠番組に関しては、2020年1月にデビューした後輩・Snow Manが、Paraviで配信を経て4月11日にTBS系で『それSnow Manにやらせて下さい』の地上波レギュラー放送を先に始めている。

「冠番組開始だけでなく、CDセールスでもSnowManは2020年1月にSixTONESとの合同デビューシングル『D.D./Imitation Rain』、同年10月リリースの2枚目のシングル『KISSIN'MY LIPS/Stories』と立て続けにミリオンセラーを達成しています。

 キンプリも2020年6月発売の『Mazy Night』が、デビュー曲『シンデレラガール』以来となる初動セールス50万枚超えを達成。同じく2020年の12月にリリースした『I promise』も初週で56.7万枚と好調な売上を残していますが、Snow Manには及んでいません。また、3月5日に横並びで発売されたカレンダーでもSnow Manがキンプリに圧勝したといい、ここまでキンプリは後輩グループに“負け”が続いている状況です」(ワイドショー関係者)

 しかし、キンプリはレギュラー化する『キンプる』や『24時間テレビ』の放送に加え、メンバー各々の活動も盛ん。平野紫耀(24)主演映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜ファイナル』の公開は、8月20日に控えている。

■“ポスト嵐”はやはりキンプリ!?

 永瀬廉(22)は、5月24日からNHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ 』に出演。高橋海人(22)は4月25日から始まった阿部寛(57)主演のドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)の続編で主要キャストの 瀬戸輝役に起用された。

 さらに、天然キャラで知られる岸優太(25)は1月3日から『VS魂』にレギュラー出演し、6月21日放送開始の波瑠(30)主演の“月9”ドラマ『ナイト・ドクター』(いずれもフジテレビ系)に出演中。神宮寺勇太(23)も5月18日にMCを務める『名所から一番近い家』(テレビ朝日系)が初のゴールデン進出を果たし、8月7日からはHey!Say!JUMPの伊野尾慧(30)主演のドラマ『准教授・高槻彰良の推察』(フジテレビ系・WOWOW)にも出演する。

「グループでの番組出演だけでなく、メンバー全員のソロ活動も充実していて、2021年に入ってキンプリの“逆襲”が始まっている感じがしますよね。やはりジャニーズ事務所としては、Snow Manに期待をかける一方、キンプリこそが嵐やSMAPのような次の国民的アイドルになってほしいとの思いがあるのではないでしょうか」(前出のワイドショー関係者)

■先輩と真裏同士で直接対決へ!

 ポスト嵐やSMAPへの第一歩とも言える『キンプる』のレギュラー化だが、ここには驚きの事態もあるという。

「『キンプる』ですが、このまま時間変更などがなければ火曜23時59分から24時54分の放送となります。この火曜の23時56分から24時55分と、『キンプる』のほぼ同じ時間、真裏のTBS系でジャニーズWESTの『パパジャニWEST』が放送されているんです」(前出の制作会社関係者)

『パパジャニWEST』はParaviで配信を経て、2020年6月30日から現在の枠で放送が始まった番組だ。

「わずか数分の違いで、『キンプる』と『パパジャニ』は時間帯的にほぼ丸被り。『パパジャニ』は放送時間の移動などがない限り、『キンプる』とバチバチをやることになってしまいます。ジャニーズグループ同士の番組が裏被りすることはほとんどないので異例の編成と言えそうです。

 そして現在、キンプリのほうが人気と勢いではジャニーズWESTを上回っていますから、裏被りになったら『パパジャニ』は苦しくなってしまうかもしれませんね」(前同)

 6月20日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演したジャニーズWESTの重岡大毅(28)は、MCの東野幸治(53)から「横にズレてほしい(ジャニーズの)グループいるの?」と聞かれ、「キンプリやなぁ!」と答えていた。

「番組では冗談めいてキンプリの名前を出していましたが、『パパジャニ』の裏に来るのを知ったら、本気でキンプリに“ズレてほしい”と思うでしょうね。

 ただ、ジャニーズ事務所はおそらく『パパジャニ』と同じ時間帯であることを承知で『キンプる』のレギュラー化にOKを出したはずです。キンプリの成長のためなら、ジャニーズWESTの番組に多少影響が出ても仕方ないという方針になのかもしれないですね……」(同)

 10月、キンプリの『キンプる』のレギュラー放送開始。そして、ジャニーズWESTの『パパジャニ』のとバチバチバトル。見どころは多くなりそうだ。

関連リンク

  • 6/24 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます