伊東美咲44歳、美貌とセレブ生活が興味をソソらせる“過去のアブない本領”

拡大画像を見る

 女優の伊東美咲が6月18日、自身のインスタグラムを更新。44歳の美貌を公開し絶賛を浴びた。

 伊東は5月26日に誕生日を迎えたばかり。現在はハワイに居を構え、芸能活動はセーブしているが、この日は撮影のために来日したようで、マネージャーが〈おかえりなさい 昨日、今日と撮影しています〉と報告している。

 2009年にパチンコメーカー「京楽産業」の榎本善紀社長と結婚した伊東は、翌年に長女、15年に長男、18年に次女を出産して3児の母となっている。大富豪と結婚したため、あくせくと働く必要もないのだろう、現在は悠々自適の生活を送っているようだ。

「伊東もいつの間にか44歳になりましたが、相変わらずの美しさです。本人がその気になれば、まだまだドラマや映画で活躍することも可能でしょう。一時、いくつかの出版社が“インナー系”の写真集のオファーをしたといいますが、金銭的に困っているわけでもなくアッサリと断られたとか。今回のインスタグラムの写真を見る限り、身体のお手入れにはかなり力を入れているでしょうから、是非とも、このあたりで熟女の艶っぽい美肌を披露してもらいたいですね」(グラビア誌ライター)

 今ではすっかりセレブの顔を見せている伊東だが、若かりし頃は島田紳助氏の“喜び組”メンバーとして名前が上がったこともある。当時は島田氏が関係者に送ったメールの中で〈アバずれ〉などと呼ばれていたと報じられ話題となったが、事実であれば、かなりヤンチャをしていた可能性も。そろそろ、そんな“本領”を発揮してもいい時期にきたのでは!?

(ケン高田)

関連リンク

  • 6/24 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます