【赤平市】北海道のほぼ真ん中!田舎に突如現れる立派なお城!?

拡大画像を見る

みなさま、北海道のほぼ真ん中にある赤平市という町をご存知でしょうか?おそらく札幌方面から富良野方面へ向かったことのある方は一度は通りすがったことがあるはず!のどかな田舎町と思いきや、突如現れる立派な駅が…☆今回はこちら赤平市の魅力に迫ります!


そもそも赤平市はいったいどこにあるの!?



札幌市から高速に乗り約1時間。
滝川ICを降り富良野方面へおよそ15分、車を走らせると赤平市に到着します!
人口約1万人ののどかな田舎町です!
山に囲まれ、商店街のシャッターもほぼ閉まっており田舎だな〜なんて思っていると…!


誰もが驚く!?突如現れる謎のお城の正体とは!!




なんと突如現れる6階建てのお城!?には誰もが驚くでしょう!

その正体はなんと「赤平駅(根室本線)」!!
平成11年に駅舎が改築され、新しくなった駅舎はこんなに立派に!

こちらの建物の名称は「交流センターみらい」。
中は駅舎にもなっており、1階には展示物や広々としたロビーが、その上の階は会議室やレンタル室、イベントホールなどと施設が充実しています!


<スポット情報>
交流センターみらい
住所: 赤平市泉町1-1-33
電話: 0125-34-2311


【日高屋製菓】赤平のお土産を買うならここへ!



赤平駅の目の前にある「日高屋製菓」。
ケーキやお菓子等が販売されており、赤平のお土産と言ったらみなさんこちらで買われるのではないでしょうか!

赤平には空知川と言う川が流れており、「空知川」というネーミングのお菓子や、「秋楓美楽(あかびら)」と言うお菓子、そして炭鉱の町でもあったので「塊炭飴」という石炭をイメージした黒い飴も販売されています!

味はどうなのでしょうか?是非食べてみてはいかがでしょうか!


<スポット情報>
日高屋製菓
住所: 北海道赤平市本町1-2
電話: 0125-32-3218


【山平菓子舗】市民が愛するパン屋さんはここだ!



赤平のパン屋さんといえば「山平菓子舗」。
こちらのパンは市内の学校給食にも使われており、市民が昔から愛するパン屋さん。

パンの種類はほぼ変わっていないので、帰省された地元の方々は懐かしさを感じるのではないでしょうか!


昔ながらのホッとする品々をちょっぴり紹介♪



「レーズンパン」はシナモン風味で美味しく、クセになってしまいます!

「プリンパン」はほんのりプリン風味で、中央にはサクサクのほろ苦チョコレートも入っており、お子さんも喜ぶでしょう!



こちらの「クロワッサン」¥75(税込)!
この値段でこの大きさには驚きです。
しっとりとした生地で、ほんのりと甘みのあるクロワッサンでした。


<スポット情報>
山平菓子舗
住所: 北海道赤平市泉町1-2
電話: 0125-32-2720


実は知られていない!?魅力だらけの赤平市!



皆さま、いかがでしたでしょうか!

赤平市は他にも魅力がたくさんあります!
蘭の展示会、らんフェスタ、火まつりなど。

イベントも盛りだくさん!
普段なら通り過ぎてしまうような町も
たまにはゆっくりと探索してみてはいかがでしょうか!

関連リンク

  • 6/23 22:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます