★『ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結』最新予告編がゲリラ的にリリース!&内容解説

拡大画像を見る

すぴ豊です。 『ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結』(米8月6日・日本8月13日公開)の最新予告編がリリース! しかしなんとYOUTUBEを中心にゲリラ広告的に流れているようです。 しかもしかも出演者がリーク?? 最新予告編からわかってきたことは!? ★3Pめに日本語字幕付予告編&日本版ポスター解禁

この予告、観れたらラッキー!?

これは日本時間の22日21時ごろから海外のファンの間でバズりました。
『ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結』の予告編が突然ネットでお披露目!

しかもこの予告、YOUTUBEの広告で配信されており、いつみれるかわかりません。
僕は知人にたまたまこのネタきいてみることができました。

↓ネットでの反響は以下の通りです。

出演者がリークした?

そしてこのジェームズ・ガン監督とファンのやりとりみてください(笑)

なんと!映画の俳優たちが次々と(監督に内緒で)
最新の予告をリークする、といういたずらなキャンペーンだったようです。
僕が気付いたのはこれ。

そう!キャプテン・ブーメランことジェイ・コートニーが
予告をリークしているという形での予告編のお披露目です!
他の俳優さんのバージョンもあるらしい!

その後、米ワーナーさんが予告をUPしました。

以下、この予告から見えてきたことです。

ブラッドスポートは娘のために戦う?

以下、僕が観た予告の内容ですが、
まずイドリス・エルバ演じるブラッドスポートがフィーチャーされています。
コミックではスーパーマンの弱点である、クリプトナイト製の弾丸でスーパーマンを撃ったという
すごい奴。
この映画でもそのくだりが説明されます。
で、この男もアマンダ・ウォーラーによってスカウトされるわけですが、
その動機が、刑期を縮めて娘に会えるようにするため、なんですね。
この設定、前作の『スーサイド・スクワッド』の時の、
ウィル・スミス演じるデッドショットと似ていますよね。

デッドショットはバットマンにとっての強敵スナイパーで
ブラッドスポートはスーパーマンにとっての強敵スナイパーです。

こういうひねりがジェームズ・ガン監督らしい!

やはり敵はスターロ!

今までの予告でもその姿が垣間見えた、ヒトデ型エイリアンのスターロ!
今回の予告でもスターロVSキング・シャークのバトルが描かれ、メインの敵ということがわかります。
なおこのスターロは巨大怪獣モードなだけではなく、『エイリアン』のフェイスハガーのように
人の顔にとりついてマインド・コントロールします。

小さいスターロの軍団が噴出してくるシーンがあり、やっぱり人間にとりつく?

なおこの予告には軍人(将軍)っぽい人物が出てきます。
恐らく
「シルヴィオ・ルナ将軍、マテオ・スアレス将軍というキャラでしょう。
当然、とんでもない悪党。
こいつらとスターロが手を組むのかな?

さりげないシーンですがハーレイ・クインとリック・フラッグが目と目で通じ合う、
いい感じのシーンがあるのです。
もしや2人は恋仲??

ハーレイとリック・フラッグが恋仲??

出たぞ!イタチ男

今回のメンバーの中にウィーゼルとう獣人がいます。
ハーレイに「あんた人狼?」
と言われ
リック・フラッグが「こういうつはウィーゼル=イタチだ」
と返します。
コミックだと、”イタチのかっこうをしたヴィラン”なのですが、
この映画では本当にイタチ人間??
今までの予告以上にウィーゼルがフィーチャーされています。
なんち27人の子どもを殺したと噂されるとんでもない奴らしい。

他にもハーレイが恐らくラットキャッチャー2の仲間のネズミたちと泳いだりと
今までにないシーンがあります。

日本版ももうすぐ?

いかがだったでしょうか?
こういうバズを狙ったリークをやるということは、
予告編の公式リリースを盛り上げるための施策なんでしょうね。

ワーナーさんは日本での予告の展開も早いので
日本語字幕版ももうすぐリリースするのではないかと思います!

楽しみです!

個人的には、このポルカドットマンがツボ。
コスチュームのポルカドット(水玉模様)に
様々な武器が仕込んであるのです!!

コスプレする人多そう!

すべての写真は
Photo courtesy of Warner Bros. Pictures/™ & © DC Comics

日本版予告編とポスター解禁!!

そして23日正午、その予告編に字幕がついた
日本版予告編が解禁になりました!

さらに 新しいポスターです!

この水しぶきというか雨がポイントなのでしょうか?
清涼感ある、夏にぴったりのポスターですね!

関連リンク

  • 6/22 22:34
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます