チョコレート専門店の“飲める”かき氷、ストローも食べられる

拡大画像を見る

 チョコレート専門店「XXOCOA(ショコア)」は、2種の氷をふんわりと削ったチョコレートのかき氷「Glace eveil(グラスエヴェィユ)」を発売した。価格は1500円。

 「Glace eveil」の氷は、カカオの香りを付けたショコラの風味と甜菜糖のほのかな甘味の氷と、kaoka社の37%、72%のチョコレートとミルクをブレンドしたショコラショーを凍らせた2種の氷を、ふんわりと削ってブレンドした自家製のチョコレート氷。ショコラの香とほのかな甘さを楽しむことができる。
 このオリジナル氷にはアーモンド風味のバニラアイス、コーヒーゼリー、ショコラショーを何層にも重ねており、バニラ風味のキャラメルソースを後からかけて食べる。グラスの最下部は冷たいショコラショーで、kaoka社の72%のチョコレートを使用した自家製チョコレートのストローでショコラショーを飲みつつ、かき氷を楽しめる。
 食べ進むうちに、チョコレートの氷やバニラアイスがショコラショーと溶け合い、香や味わいの変化を楽しめるほか、コーヒーゼリーのなめらかな舌触りと、ふんわりと削ったチョコレートのかき氷の異なる食感も堪能できる。
 トッピングのヌガーグラッセやバニラアイス、ラングドシャは、すべて店内での手づくり。キャラメルソースは甜菜糖で作ったキャラメルソースに天然のバニラビーンズを使用し、甘く香り高いバニラの風味が特徴。コーヒーゼリーには、後味があっさりしているマチュピチュのオーガニックコーヒー豆を使っている。

関連リンク

  • 6/23 20:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます