夫婦の不仲に子どもが気づいた瞬間/転勤から帰った夫との夫婦仲(5)【夫婦の危機 Vol.93】

■前回のあらすじ
休日の朝、掃除・娘の鈴との朝食・夕食の準備まで済ませた幸樹。準備万端で趣味のジムへ行こうとすると、妻の藍子から不服そうな顔をされてしまい…。

<妻 SIDE STORY>
夫と一緒に暮らすようになってからイライラが増え、すぐ夫婦喧嘩になってしまう。このままではいけないと思いつつも、どうすべきなのか悩んでいました。そんなある日のこと。保育園の行事の帰り道、一緒に公園に寄った仲良しのママ友に私の愚痴を聞いてもらいました。

ママ友の言葉に、ハッとした私。一緒にいなければ期待しないで済むのに、一緒にいるから期待してしまい、思い通りに動いてくれないことにイライラしてしまう。なんて自分勝手なイライラなんだろう? 私は幸樹に少し申し訳ない気持ちになりました。

<夫 SIDE STORY>

単身赴任の経験も豊富な先輩との会話で、僕は転勤期間は藍子の仕事がない週末だけしか見ていなかったことに気づいた。

しかし、その夜、僕たちはまた喧嘩になってしまった…。


転勤中、僕は藍子が平日どれだけ忙しく過ごしてきたのかを見たことがなかった。

だからこの前「早く寝かせれば?」と言った時に、「保育園の支度してるのよ」と藍子が言ったのも、長くひとりで育児や家事をこなしてきた知恵だったのかもしれない。

これまでイライラしていた発言の意味がようやく理解できたはずだったのに、またしても些細なことでイライラしてしまった僕。

そんなときに鈴から投げかけられた言葉は、雷に打たれるような衝撃で…、僕たちは凍り付いてしまった。
子どもにこんな思いをさせてはいけない…! そう切実に感じた僕たちは、その夜話し合いをすることにしたのだった。

次回に続く(全8話)毎日19時更新!


※この漫画は実話を元に編集しています

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/23 19:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます