『RUN/ラン』知れば知るほど逃げられない…トリビアが明らかに

拡大画像を見る

『search/サーチ』の監督&製作陣が、「アメリカン・ホラー・ストーリー」のサラ・ポールソン主演で新たに描くサイコ・スリラー『RUN/ラン』。本作には、ありとあらゆるところに監督アニーシュ・チャガンティの遊び心溢れるトリビアが隠されているとか。今回、その一部が明らかになった。



前作『saerch/サーチ』で革新的な映像表現を魅せたチャガンティ監督。前作では、PC画面上に隠された伏線やトリビアに関する考察で盛り上がったのも記憶に新しいが、今作も例外ではない。そして、中には物語の展開を暗示するような重要なヒントも隠されているらしい…!? 

※以下、ネタバレになる内容も含まれます

ワシントン大学


娘クロエが進学を希望しているこの大学は、ワシントン州シアトルに実在する名門の州立大学。映画の序盤、クロエが同大学の公式ホームページを閲覧するシーンで、そのページ内の“引っ越しに関するヒント”のコーナーに掲載されている写真の女性は、『search/サーチ』で“fish_n_chips”というハンドルネームの女性を演じていたあの女優。


メイン州デリー


クロエが飲まされている薬を調べるため電話番号案内「411」に電話をすると、「お調べする州名と都市名を言ってください。例えば“メイン州デリー”のように」と自動音声が流れる。だが、“メイン州デリー”はベストセラー作家スティーヴン・キングが創造した架空の田舎町。映画が大ヒットした「IT -イット-」や、「不眠症」「骨の袋」などの舞台になった。このとき、クロエがランダムに電話をかけて薬の詳細を調べてもらう男性の声は、『スパイダーマン』シリーズのトニー・レヴォロリが演じている。


劇中映画『Breakout』


クロエと母ダイアンが訪れた映画館で上映中の作品。その題名の意味である“脱出”が、クロエのその後の運命を予感させている。架空の映画『Breakout』のポスターには『search/サーチ』の主演俳優ジョン・チョーが協力している。


キャシー・ベイツ


映画館を抜け出したクロエが薬局に駆け込むシーンで、彼女に応対する薬剤師の名前は“ミセス・ベイツ”。のちにダイアンが電話をかけるシーンで、その女性のファーストネームは“キャシー”だと判明。キャシー・ベイツといえば、スティーヴン・キング原作映画『ミザリー』の主演女優であり、同作品へのささやかなオマージュになっている。


ダイアンの背中の傷


ダイアンが自宅でシャワーを浴びるシーン。このとき彼女の背中に、いくつもの惨たらしい傷痕があることが判明する。劇中では削除されたが、ダイアンは幼少期に母親から虐待を受けていた過去を持っていた。監督はダイアンの幼少時代や、母、祖母の人生まで遡ったバックストーリーを書き記し、ダイアン役のサラと共有。キャラクター作りに重要な役割を果たしていたという裏話も。


代理ミュンヒハウゼン症候群


子どもへの虐待の一種で、親が子どもにわざと病気や障害を作り、その面倒をみることによって周囲の注目や同情を集めようとする精神疾患。加害者には母親が多くみられる。2019年のTVシリーズ「見せかけの日々」(ジョーイ・キング×パトリシア・アークエット)は、2015年にアメリカのミズーリ州で実際に起こったディーディー・ブランチャード殺害事件を題材にしており、代理ミュンヒハウゼン症候群を扱った内容が大きな反響を呼んだ。


『RUN/ラン』は全国にて公開中。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
RUN/ラン 2021年6月18日よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国にて公開
© 2020 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

関連リンク

  • 6/23 19:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます