クロエ・カーダシアン、超浮気性のNBA選手と再び破局 「よりを戻すことはもうない」

拡大画像を見る

カーダシアン&ジェンナー家の三女クロエ・カーダシアン(36)は2016年にNBA選手トリスタン・トンプソン(30)と交際を開始し、2018年には娘のトゥルーちゃん(3)をもうけた。

しかしトリスタンはクロエとの交際中から他の女性と浮名を流しつづけ、愛娘のトゥルーちゃんの妊娠が発覚した後にもスキャンダルが浮上した。しかも2019年には、クロエの異父妹であるカイリー・ジェンナーの親友だったジョーディン・ウッズと朝まで一緒に過ごしていたことが伝えられた。

当初トリスタンとジョーディンは“浮気”を否定したがクロエはトリスタンとの別れを決断し、カイリーも姉の恋人との不貞行為が許せず、親友のジョーディンと絶縁した。

SNS上でも「妹の親友に手を出すなんてゲスすぎる」と批判が相次いだトリスタンだが、昨年8月に2人は復縁。クロエの関係者は「また浮気されるかもと心配しつつもトリスタンとの絆は強くなっている」と話したが、姉妹達は「またクロエが傷つくのでは?」と不安視していた。

そしてその心配が的中し今年4月、トリスタンにまたしても浮気疑惑が浮上したのだ。モデルのシドニー・チェイス(Sydney Chase)が今年1月に「トリスタンと関係を持った」として、こう語っている。

「トリスタンが『誰とも付き合っていない』って言うからOKしたの。何回も会ったし、デートにも行ったりしたわ。でも彼がクロエと交際していると分かって、縁を切ったの。」

この報道についてクロエやトリスタンも明言していないが、その後2人はすぐに破局したもよう。クロエの関係者は『E! News』にこのように証言した。

「(シドニーとの)浮気疑惑を乗り越えようと2人は数週間努力していましたが、クロエがトリスタンに『信頼がすべてなくなったし、もう関係は修復できない』と伝えたんです。」
「クロエも交際を続けたかったようですが、彼に心の底から裏切られたと感じてしまいました。クロエがよりを戻すことはもうないでしょう。」

トリスタンの浮気癖は残念ながら今回も治らなかったようだ。2人は交際に終止符を打ったが、今後もトゥルーちゃんを一緒に育てていくことに変わりはないという。

画像は『Khloé Kardashian 2021年6月17日付Instagram「“I will not lose, for even in defeat, there’s a valuable lesson learned, so it evens up for me”」、2021年3月13日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Tina)

関連リンク

  • 6/23 19:03
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます