雨が印象的なアニメおすすめ6選!心温まる雨物語【Amazon★4.0以上】

拡大画像を見る

雨が多い今だからこそ見たい、雨の降るシーンが印象的なアニメを6作品まとめてみました。 ファンタジーや青春など、幅広くジャンルを紹介しています。Amazon★4.0以上の評価が高い作品を集めましたので、作品選びの参考にしてください。

雨が印象的なアニメは今の時期にぴったり!

雨が多い時期は外にお出かけするのも億劫で、気が向かない方も多いのではないでしょうか。
そんな時におすすめしたいのが、お家でまったりアニメ鑑賞!

雨の降る日に、雨が印象的なアニメを見る……。没入感があって作品の世界観により入り込めるでしょう。

この記事では、雨の多い時期に見て欲しい「雨」が印象的な作品を6つ紹介します。

『それでも世界は美しい』(2014)

『それでも世界は美しい』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91P4qSS71PL._SX300_.jpg

出展元:Amazon

原作:椎名橙
主題歌:小池ジョアンナ『BEAUTIFUL WORLD』、前田玲奈『PROMISE』
評価:★4.6/5.0(Amazon)

キャスト情報

ニケ・ルメルシエ / 役:前田玲奈
リヴィウス一世 / 役:島﨑信長
ニール / 役:杉田智和
ミラ / 役:伊瀬茉莉也 ほか

あらすじ

「雨の公国」の第四公女であるニケは、美しい歌声で雨を呼ぶ「アメフラシ」の能力を持っていました。
ニケは公国の未来のため、会ったこともない太陽王・リヴィウス一世(リビ)へ嫁ぐことに。

故郷から遠く離れた「晴れの大国」を訪れたニケを待っていた王様は、自分より小さな少年でした。

「自分のために雨を降らせろ」と、わがままを言うリビにニケは憤りますが、そのわがままの奥に隠された何かを感じ取ります。
美しい王国を舞台に、太陽王・リビとアメフラシの姫・ニケの物語が始まります……!

おすすめポイント

天真爛漫で心優しいニケと、過去に悲しみを抱えたリビの心の距離が、ストーリーを重ねる毎に近付いていく様子に胸キュンです。

ニケが歌う「アメフラシの歌」で雨が降るシーンでは、渇いた大地を潤す恵みの雨が美しく描かれています。

『となりのトトロ』(1988)

となりのトトロ

となりのトトロ

1988年/日本/88分

作品情報 / レビューはこちら

原作:宮崎駿
主題歌:井上あずみ『さんぽ』『となりのトトロ』
評価:★4.6/5.0(Amazon)、★8.2/10(IMDb)

キャスト情報

サツキ / 役:日高のり子
メイ / 役:坂本千夏
とうさん / 役:糸井重里
かあさん / 役:島本須美 ほか

あらすじ

小学6年生のサツキと4歳のメイはお父さんと一緒に、森の奥にある一軒家に引っ越してきました。
家の中には真っ黒な不思議な生き物がいっぱい。
2人は驚きながらも、不思議を探しに森の中を冒険します。

そんな中、2人は大きくて変な生き物に出会います。その名はトトロ。
トトロのお腹に乗って空を飛んだり、植物を育てたり……。

ある日メイは1人で、入院しているお母さんの元にトウモロコシを届けに行ってしまいます。
いなくなったメイを探して、サツキは走り回ります。
そこでまた不思議な生き物と出会うのでした。

おすすめポイント

誰もが知るスタジオジブリ制作のアニメです。
印象的なシーンはいくつもありますが、「雨のバス停」のシーンは特に記憶に残りますよね。

雨の中、眠ってしまったメイを背負って、父親を待つサツキの前にトトロが現れます。
サツキが貸した傘を使うトトロ。
傘に当たる雨の音に興味を持ち、大きくジャンプして大量の雨粒を降らせるトトロが、可笑しくて可愛らしいですよ。

『天気の子』(2019)

天気の子

天気の子

2019年/日本/114分

作品情報 / レビューはこちら

原作:新海誠
主題歌:RADWIMPS『愛にできることはまだあるかい』『大丈夫』ほか
評価:★4.5/5.0(Amazon)

キャスト情報

森嶋帆高 / 役:醍醐虎汰朗
天野陽菜 / 役:森七菜
夏美 / 役:本田翼
天野凪 / 役:吉柳咲良
須賀圭介 / 役:小栗旬 ほか

あらすじ

異常気象が原因で連日雨が降り続く。
そんな夏の東京に、高校1年生・帆高は地元の離島から家出してきました。

「あの光の中に、行ってみたかった」という思いから東京で暮らす帆高ですが、お金はすぐに底をついてしまいます。
孤独な生活の中でようやく見つけた仕事は、怪しいオカルト雑誌のライター業。

都会の片隅で暮らしていた帆高は、ひとりの少女と出会います。
陽菜という名前のその少女はある事情を抱え、弟と2人で暮らしていました。
明るくたくましい陽菜には不思議な能力があって……。

おすすめポイント

新海誠作品ならではの、緻密で美しい風景画は言うまでもありません。
少し暗い東京に降り続く雨は、現代の問題を映し出しているようで記憶に残ります。

雨が上がって晴れ間がのぞく、その瞬間に抱く言葉に表せない気持ち良さを体感できる作品です。

『恋は雨上がりのように』(2018)

恋は雨上がりのように

恋は雨上がりのように

2018年/日本/112分

作品情報 / レビューはこちら

原作:眉月じゅん
主題歌:CHiCO with HoneyWorks『ノスタルジックレインフォール』、Aimer 『Ref:rain』
評価:★4.2/5.0(Amazon)

キャスト情報

橘あきら / 役: 渡部紗弓
近藤正己 / 役: 平田広明
喜屋武はるか / 役: 宮島えみ
西田ユイ / 役: 福原遥
吉澤タカシ / 役: 池田純矢 ほか

あらすじ

橘あきらは、怪我で走ることをやめた元陸上部エースの17歳。
近藤正己は、小説家になる夢を諦めたファミレス店長の45歳。

挫折を味わい、やる気を無くしたあきらの心の拠り所は、密かに想いを寄せるバイト先の店長・近藤です。

青春を途中下車したままのあきらと、人生の折り返し地点に到達した近藤。
2人の人生の雨宿りが始まります。

おすすめポイント

あきらと近藤の恋愛の話かと思いきや、あきらの成長に主軸を置いています。
あきらから想いを寄せられる近藤の誠実さにも注目です。

雨の日から始まった物語がどういう結末を迎えるのか、爽やかな2人を応援したくなる作品です。

2018年に公開された実写映画も、アニメと同様に爽やかな風を纏った作品でおすすめですよ。

『言の葉の庭』(2013)

言の葉の庭

言の葉の庭

2013年/日本/46分

作品情報 / レビューはこちら

原作:新海誠
主題歌:秦基博『Rain』
評価:★4.2/5.0(Amazon)

キャスト情報

秋月孝雄(タカオ) / 役: 入野自由
雪野百香里(ユキノ) / 役: 花澤香菜
タカオの母 / 役: 平野文
タカオの兄 / 役: 前田剛
タカオの兄の彼女 / 役: 寺崎裕香 ほか

あらすじ

ある雨の日の朝、靴職人を目指す高校生のタカオは公園にいました。
タカオは雨の降る朝はきまって学校をさぼり、靴のスケッチを描いています。

そこで缶ビールを飲む年上の女性・ユキノと出会いました。
ふたりは雨の日だけの逢瀬を重ね、次第に心を重ねて行きます。
職場での居場所を失ってしまったユキノに共感し、彼女のために靴を作りたいと願うタカオ。

揺れ動く2人の想いをよそに、雨の季節は終わりに近付いて行くのでした。

おすすめポイント

雨の日の朝だけに会える2人の物語。
公園の豊かな緑に降り注ぐ雨が瑞々しく、見ているこちらも雨の日の静けさに包まれます。

雨が多い季節にしか会えないと分かっている2人の切なさや、気持ちの変化を天気で表現している美しい作品です。

『ハクメイとミコチ』(2018)

『ハクメイとミコチ』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1rMaoE+f7L._SX300_.jpg

出展元:Amazon

原作:樫木祐人
主題歌:Chima『urar』、ミコチ(cv.下地紫野)&コンジュ(cv.悠木碧)『Harvest Moon Night』
評価:★4.2/5.0(Amazon)

キャスト情報

ハクメイ / 役: 松田利冴
ミコチ / 役: 下地紫野
コンジュ / 役: 悠木碧
セン / 役: 安済知佳
イワシ / 役: 松風雅也 ほか

あらすじ

ハクメイとミコチは、森で暮らしている小さな2人の女の子。
身長9センチメートルの2人の生活は、木の中に家を作ったり、葉っぱを傘にしたり、昆虫の背に乗ったり……。

ハクメイは持ち前の運動神経の良さで、大工として働いています。
ミコチは手作りのジャムや石鹸を市場に卸したり、市場で出している食べ物の味付けにアドバイスしたりしています。

今日も2人の穏やかで愉快で、愛らしい生活が始まります。

おすすめポイント

身長9センチメートルの小人目線で世界を丁寧に描いていて、美しい背景美術も相まってとても癒される作品です。

11話では雨の日の1日が描かれています。
2人は少し遠出して釣りに出かけますが、その日はあいにくの雨。
それでも楽しく釣りをする2人の姿に、ワクワクさせられますよ。

雨の日はお家でまったりアニメ鑑賞を!

この記事では雨の降るシーンが記憶に残るアニメを6作品紹介しました。
ジャンルは異なっていても、雨の静けさや美しさを引き出している印象的な作品ばかり。
なかなか外に出掛けにくい時期だからこそ、素敵なアニメを観て没入感に浸ってみませんか?

関連リンク

  • 6/22 18:30
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます