【6/25金曜ロードショーに登場!】映画『ピーターラビット』の見どころ、キャストまとめ♪

拡大画像を見る

6月25日(金)21:00〜金曜ロードショーで地上波初放送!あの人気キャラクターの実写化映画『ピーターラビット』。最新作の公開も待ち遠しい本作の見どころやキャスト情報をまとめてご紹介します♪

地上波初放送&最新作劇場公開!気になる映画『ピーターラビット』

6月25日(金)の金曜ロードショーで放送されるのは、2019年に公開された映画『ピーターラビット』。1902年に絵本が出版されて以来、120年もの間世界中で愛されてきたキャラクター、ピーターラビットの初の実写化映画です。
本作が地上波で放送されるのは今回が初!同日に最新作も公開となる映画『ピーターラビット』について、気になる情報をまとめました!

映画『ピーターラビット』あらすじ

たくさんの仲間に囲まれ、画家のビア(ローズ・バーン)という心優しい大親友を持つ世界一幸せなウサギ、ピーター。ある日、隣の家に偏屈なマグレガー(ドーナル・グリーソン)が引っ越してくると、ピーターの生活は一変。動物嫌いのマグレガーとピーターたちの間で、闘いが勃発する!

© 2018 Columbia Pictures Industries, Inc., 2.0 Entertainment Financing, LLC and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved. | PETER RABBIT and all associated characters ™ & © Frederick Warne & Co Limited.

『ピーターラビット』デジタル配信中/ブルーレイ&DVD発売中 発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

鑑賞できる配信サービスはこちら

ピーターラビット™ | ソニー・ピクチャーズ公式

※各サービスにより配信状況が異なるためリンク先にて本作が配信されていない場合がございます。あらかじめご了承ください。

カワイイだけじゃない!実写版『ピーターラビット』の魅力

マグレガーさんとピーターラビットたちの攻防は、原作の絵本でも何度も描かれてきた。ピーターのお父さんがマグレガーの畑に忍び込み、パイにされてしまったのは有名なお話。それでも何度もマグレガーさんの畑の野菜を狙って果敢に飛び込むピーターは、可愛いだけじゃない、悪ガキそのもの。映画では、そんなピーターのヤンチャな一面がクローズアップされ、さらに過激なマグレガーさんとの闘いが描かれる。マグレガーさんの留守を狙っておうちで暴れ回り、小さな体を活かして畑の中を縦横無尽に駆け巡る。キャッチコピーの「カワイイだけじゃない!?」がしっくりくる、アクションエンターテインメントに仕上がった。

© 2018 Columbia Pictures Industries, Inc., 2.0 Entertainment Financing, LLC and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved. | PETER RABBIT and all associated characters ™ & © Frederick Warne & Co Limited.

湖水地方とロンドン、表情豊かなイギリスの景色も堪能!

そんな物騒な物語の舞台は、美しい自然が魅力的なイギリス湖水地方。緑豊かな土地でのびのびと過ごすピーターたちの様子を観ていると、その土地の穏やかさとピーターたちのヤンチャぶりがミスマッチにも感じられそうだが、そのアンバランスが逆に映画のユニークなポイントとして浮かび上がってくる。
そしてもう一つの舞台は、ロンドン。マグレガーさんの働く有名デパート・ハロッズを始めとして、これぞイギリス!と言ったロンドンの街並みを観るだけで旅行気分も味わえる。

© 2018 Columbia Pictures Industries, Inc., 2.0 Entertainment Financing, LLC and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved. | PETER RABBIT and all associated characters ™ & © Frederick Warne & Co Limited.

個性豊かなキャストたち

実写とCGアニメーションが融合した映画『ピーターラビット』。主な“人間”の登場人物は、二人。ピーターの宿敵、マグレガーとピーターが大好きな画家のビア。マグレガーを演じたのは『スター・ウォーズ』シリーズへの出演でも話題となった英国俳優、ドーナル・グリーソン。そしてビアを演じたのは、オーストラリア出身の女優、ローズ・バーンだ。
その他のキャストはウサギたち。声を当てたのはこちらも豪華な顔ぶれだ。ピーターラビットの声は、映画『キャッツ』などにも出演したコメディアン、ジェームズ・コーデン。その他ピーターの仲間たちとして、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』のマーゴット・ロビー、『TENET テネット』のエリザベス・デビッキも声の出演を果たした。

また、吹替版のキャストも負けていない。主人公のピーターラビットの声を担当するのは、千葉雄大。ヤンチャだけど憎めない、ピーターの魅力を最大限に引き出した。

© 2018 Columbia Pictures Industries, Inc., 2.0 Entertainment Financing, LLC and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved. | PETER RABBIT and all associated characters ™ & © Frederick Warne & Co Limited.

© 2018 Columbia Pictures Industries, Inc., 2.0 Entertainment Financing, LLC and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved. | PETER RABBIT and all associated characters ™ & © Frederick Warne & Co Limited.

最新作『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』

本作とともにチェックしたいのは、こちらも6月25日(金)に公開となる最新作『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』。前作で湖水地方を引っ掻き回したピーターが、今度は湖水地方を飛び出してまたまた大暴れ!さらに飛び出した先の大都会で父の悪友、バーナバスに遭遇。バーナバスとともに悪事を重ねるピーターはまたもや事件に巻き込まれてしまう…!
バーナバスによって“うさグレ”ていくピーターの一幕が垣間見られる本編映像も公開中。

最新作も吹替版で楽しめる!

最新作でも前作に引き続き、ジェームズ・コーデンやマーゴット・ロビーなど、主要声優陣が続投。さらには最新作で欠かせない都会の“ワル”ウサギ、バーナバスの声には『ウォーキング・デッド』シリーズなどで知られるレニー・ジェームズが参加している。

また、魅力的なのは字幕版だけではない。日本語吹替版のキャストも注目ポイント。ピーターラビットの声を担当するのは、千葉雄大。第一作では伸びやかな歌声も披露した千葉が最新作で見せてくれる悪ガキピーターラビットにまたまた期待。さらに父の悪友であるバーナバスの声を担当するのは、本作が吹替初挑戦となる哀川翔。字幕版と吹替版、両方観て印象を比較するのも面白そう!

金曜ロードショーを観たら映画館に行こう!

映画『ピーターラビット』はこれまでのピーターラビットのイメージをガラッと変える、ヤンチャなウサギの物語。一度観たら、“カワイイだけじゃない”ピーターの魅力の虜になってしまうこと間違いなし!テレビ放送を観たらぜひとも劇場でさらなるピーターの冒険をチェックしてみてくださいね!

関連リンク

  • 6/22 18:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます