おふろcafe bivoua、海っぽさ満喫「お砂cafe」を期間限定開催

拡大画像を見る

 温泉道場は、埼玉県熊谷市で運営する長時間滞在型の温浴施設「おふろcafe bivouac(ビバーク)」で、砂浜のビーチと海の家で海を想起させるシーズンイベント「お砂cafe」を開始した。

 海はないが、海気分を味わえるサマーアイテム、パラソル、ハンモック、9mの巨大トランポリン、泡バズーカ、スライダーの水遊びゾーン(有料)などを用意。飲食店では、海の家と同じ、ヤシの実ジュースやかき氷などを提供する。さらに貸切プランで、本格炭火BBQも楽しめる(予約制)。6月18日に開始したため、「関東最速の海開き」としている。
 お砂cafeの開催期間は8月31日まで。屋上エリア利用日は6月18日~7月18日の土日と、7月22日~8月31日の毎日。おふろcafeはフランチャイズ店を含め、全国7店舗を展開。埼玉県では、ボルダリング壁などアウトドアテイストをプラスした「おふろcafe bivouac」のほか、「おふろcafe utatane」「おふろcafe 白寿の湯」を運営している。

関連リンク

  • 6/23 18:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます