俳優デビューのセカオワFukase、神木隆之介からのアドバイス明かす

【モデルプレス=2021/06/23】4人組ロックバンド・SEKAI NO OWARI(通称:セカオワ)のボーカル・Fukaseが23日、フジテレビ系情報番組「ノンストップ!」(毎週月~金曜あさ9時50分)にVTR出演。出演している映画『キャラクター』について語った。

◆俳優デビューのセカオワFukase、神木隆之介からアドバイス

同映画で殺人鬼・両角を演じたFukase。

演技未経験だったFukaseは、この役のオファーを受けた際「自分みたいなズブの素人が、キャリアもあって実力もある素晴らしい俳優さんたちの中で自分が芝居ができるとは全く思っていなかった」ため、断るつもりだったという。

しかし、以前より親交のある俳優の神木隆之介に「俺は割と腰が引けちゃったんだけど、どう思う?」と電話で相談したところ「Fukaseくんは優しい殺人鬼がきっと似合うから優しいままいこう」と背中を押されたことや、撮影までの1年間で演技レッスンを受けられると分かったことからオファーを受けたと語った。

また、撮影が始まると自身の演技を動画で撮ったものを神木に送ったといい「いいじゃん!いい感じに怖いよ」と言われたことも明かした。

◆セカオワFukase、初の映画撮影で戸惑い

初の映画撮影であることから、最初は共演者である菅田将暉や高畑充希の輪に入って良いか戸惑い、控え室に入るのにもスタッフに聞いていたというFukase。

しかし、2ヶ月の撮影を終えた頃には「サーカス団みたいな結束力」が芽生えたといい「温かかったし、落ち着く現場だなと思いました」と振り返った。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/23 17:28
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます