セルリアンタワー東急ホテルに日本料理「Japanese Cuisine 桜丘」がオープン


東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルに、6月28日(月)、ホテル開業20周年記念事業として日本料理店「Japanese Cuisine 桜丘(ジャパニーズキュイジーヌ さくらがおか)」がオープンする。

「金田中 草」の施設を引き継ぎホテル直営で運営


今年5月に開業20周年を迎えた「セルリアンタワー東急ホテル」の2階にオープンする「Japanese Cuisine 桜丘」。1月まで営業していた日本料理店「金田中 草」の施設を引き継ぎ、ホテル直営で運営される。

素材そのものを活かした会席料理がテーブル席で楽しめるほか、店内に天婦羅専用のサテライトキッチンが新たに設置され、揚げたての天婦羅を専用のカウンター席で味わえる。

看板メニューは「茶煙蒸」

お店の看板メニューは「茶煙蒸(ちゃえんむし)」。焼いた石にお茶を注ぎ、その蒸気で旬の野菜、肉などを目の前で一気に蒸し上げる一品で、肉の脂が程よく野菜に染みこみ、そこにお茶の風味がさわやかに香る逸品だ。

新型コロナウイルス感染予防対策

同店では、新型コロナウイルスの感染予防対策として、席数を改装前の115席から84席に減少させ、席の間隔を大きく確保。大小5室の個室には、「低濃度オゾン自動噴霧器」を設置している。

■メニュー例
【ランチ】
牛肉香味重3,500円/茶煙蒸ランチ7,000円/会席「露草(つゆくさ)」8,000円/彩食かさね弁当4,500円/天重 4,300円/天婦羅コース 7,000円
【ディナー】
茶煙蒸コース15,000円/会席「縹(はなだ)」17,000円/会席「藍(あい)」20,000円/桜丘弁当10,000円/天婦羅会席15,000円/牛しゃぶしゃぶコース18,000円
※サービス料10%・消費税10%込

画像をもっと見る

  • 6/23 18:21
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます