神戸ファッション美術館で特別展「原田治展『かわいい』の発見」開催


神戸ファッション美術館では、7月3日(土)から、特別展「原田治展『かわいい』の発見」を開催。日本の“かわいい”文化に大きな影響を与えた原田治のイラスト、キャラクター、グッズを展示する。

簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクター


1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」の生みの親である原田治(1946-2016年)。50~60年代のアメリカのコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受けたイラストレーション――とりわけ、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、その後の日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えている。

館内では「OSAMU GOODS」も多数販売


没後初の全国巡回展のひとつである同展では、イラストレーターとして活動するきっかけとなった、1970年代に創刊された雑誌「an・an」の仕事をはじめ、広告・出版・各種グッズなど多分野にわたる作品を中心に展示。幼少期~20代前半の初期資料やエッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料も紹介し、時代を超えて愛される、原田治の全貌に迫る。

また館内では「原田治展『かわいい』の発見」開催中に限り、「OSAMU GOODS」も多数販売される。

感染症拡大防止対策

神戸ファッション美術館では、スタッフのマスク着用など、感染症拡大防止対策を実施して営業中。来場の際は、入館時の体温測定、マスク着用、手指消毒などに協力を。なお、状況により入館制限・禁止をお願いする場合がある。

■「原田治展『かわいい』の発見」開催概要
・会場:神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
・開催期間:7月3日(土)~8月29日(日)
・休館日:月曜日、8月10日(ただし8月9日は開館)
・開館時間:10時~18時(入館は17時30分まで)
・観覧料:一般1000円、大学生・65歳以上500円、高校生以下無料
※団体料金設定あり
※神戸市内在住の65歳以上は無料
※小学生以下は保護者(大学生以上)の同伴が必要
※神戸ゆかりの美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)で割引

ⓒ OSAMU HARADA/KOJI HONPO

画像をもっと見る

  • 6/23 18:21
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます