「まちアルサ!」で下北沢のおトク情報をゲット 無料でスマホ充電やフリーWi-Fi使える

拡大画像を見る

個人向けカードローン事業「レイクALSA」を中心に事業展開する新生フィナンシャル(東京都千代田区)は、プラットフォームサービス「まちアルサ!」を2021年6月21日に開始した。

スマートフォンなどの充電が可能な電源やWi-Fiを装備したデジタルサイネージや、アプリを通じて、東京都世田谷区に位置する「下北沢」の飲食店・洋服店などが発信した情報を紹介する。利用にはiOS、Androidのアプリダウンロードが必要で、タブレットは現在、未対応。

飲食店の空席状況、お得なクーポン情報を無料でゲット

「まちアルサ!」で利用できるデジタルサイネージは、下北沢駅構内の商業施設「シモキタエキウエ」に設置されている。イベントや飲食店の空席状況、クーポンなど、下北沢に特化した最新情報に無料で触れることができる。

下北沢にフォーカスした理由とは。発表資料によると、下北沢にはユニークな店や、同地を拠点に活躍するアーティストが多く存在しており、独自の文化が根付いている一方で、「店やアーティストはその魅力を伝える情報発信のノウハウやコスト、リソースが足りないという理由から、街を訪れる人に知られていない情報も多い」。そこで、下北沢を訪れる人や、住んでいる人に、便利な機能とともに地域情報に触れる「タッチポイント」を提供するに至った。

同サービス担当者である、戦略推進本部 マーケティング戦略推進部の竹内祥晃さんは、「まちアルサ!前で待ち合わせ」と言ってもらえるようなスポットになれば嬉しいと、発表資料にコメントを寄せている。

竹内さんは、同社が提供する「カードローン」サービスに対し、ネガティブな印象を持つ人が少なくないとし、その要因には「どんな会社なのかよくわからない、サービスが正しく理解されていない」という課題があるという。そこで考えたのが、「消費者と日常的な接点を作って、何かの役に立つような新しい形で社会に貢献していくこと」だった。

「まちアルサ!」は地域活性化への貢献も目指している。現在は「下北沢で店舗開業している事業者」からの加盟申請を受付中だ。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 6/23 18:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます