3位でEURO決勝T進出も…チェコ代表指揮官は満足感示す「タフなグループでよくやった」

拡大画像を見る

 EURO2020グループD最終節が22日に行われ、チェコ代表とイングランド代表が対戦。イングランドが前半12分に生まれたFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)のゴールを守りきり、1-0でチェコを下して首位通過を決めた。一方、他会場ではクロアチア代表がスコットランド代表を3-1で下して2位に浮上したが、同勝ち点で並んだチェコも3位で決勝トーナメントに進出。試合後にグループステージの戦いを振り返ったチェコのヤロスラフ・シルハヴィー監督のコメントを、22日付けで『UEFA.com』が伝えている。

 クロアチアに総得点で上回られて3位での決勝トーナメント進出となったものの、シルハヴィー監督は強豪揃いのグループを勝ち抜いたチームに対して賛辞を贈った。

「このタフなグループで我々はよくやったと思うよ。勝ち点で先行していたので幾分余裕があったから、イングランドに敗れても決勝トーナメントに進むことができた」

「このグループで勝ち上がりを決めたことを前向きに捉えるべきだと思っている。我々は成し遂げるべきミッションを達成したんだ」

 チェコは、決勝トーナメント・ラウンド16でオランダ、もしくはグループE首位チーム(スウェーデン、スロバキア、スペイン、ポーランドのいずれか)と対戦する。

関連リンク

  • 6/23 16:24
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます