3時のヒロイン・福田麻貴、ぼる塾への焦りでドツボ? 『めざまし8』コメンテーターも「インテリ枠のつもりか?」と厳しい声

 3時のヒロインが今春からキャスター業に乗り出した。出演番組は『めざまし8』(フジテレビ系)。谷原章介司会の情報番組で、毎週水曜にスペシャルキャスターを務めている。

 しかし、ネット上では評判が芳しくないどころか、手厳しい意見がずらり。特に、福田麻貴については、「なんで福田がコメンテーターみたいなことやってんのか不思議」「福田は若い人代表みたいに言ってるけど大丈夫か?」「コメンテーターの仕事って、福田はインテリ枠のつもりでやってる?」などのコメントが、番組出演するたびに上がっているのだ。

「番組には福田だけではなく、トリオで出ているのですが、ゆめっちとかなでが登場するのは後半。福田だけ番組の頭から出ずっぱりのメイン扱いになっています」(芸能ライター)

 そもそも福田をはじめとする3時のヒロインはなぜ『めざまし8』(フジテレビ系)のキャスターに抜てきされたのか? 前クールまでは、裏番組の『グッとラック!』(TBS系)に出演していたはずだが……。

「3月末に終了した『グッとラック!』に代わり、新たに『ラヴィット!』が始まるとなった時、そこには、ぼる塾がキャスティングされていた。3時のヒロインとしては、ぼる塾に座を奪われたという見え方は、世間的に印象が悪いと思ったのでしょう。そこで何とか、裏で始まった『めざまし8』に売り込みをかけ、ねじ込んでもらったのでは」(業界関係者)

 現在、女3人で活動するトリオとして、ぼる塾と3時のヒロインの“キャラ被り”は否定できない。福田自身も、6月9日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)で、ぼる塾を意識した発言を漏らしていた。その発言は、福田がプライベートでしたためた日記につづられたもので、一部を抜粋してみよう。

「リツイートだけでもいいので告知してくださいと言われ、番組ツイッターの告知ツイート見たけど、ハッシュタグに他の出演者のぼる塾の名前はあるのに私たちの名前はなかった。ブレイクの終わり間際のお知らせ。リツイートしたけど」

 ほかにも福田は、現在、ぼる塾がハイカロリーグルメを作って食べる深夜の冠番組『ぼる塾の煩悩ごはん』(テレビ朝日系)のゲストで呼ばれた際の複雑な感情を告白。かつて、3時のヒロインも食事の企画をやっていたが、ぼる塾のようにメインを張る仕事に結びつかなかったことを振り返りつつ、「分岐点はどこだったのか。一人ひとりスキルを見て欲しい」と、日記に焦りを書き残していたのだ。

 こうした文章を一通り紹介したあと、福田は「どこから歯車が狂ったのかなぁ」と物思いにふけった様子で、「不安です。不安です!」とカメラ目線で訴えたのだった。

「ぼる塾と比較して3時のヒロインが劣っているとは、まったく思いません。ただし、ぼる塾はあんりの存在が出色。久々に現れた毒舌女芸人として、ポジションを固めつつある。福田もその立場になっておかしくはないのですが、どうも彼女の毒にはトゲがありすぎるんです。あんりのように、敵を作らない雰囲気で毒づけばイヤミにならないのですが……。それに加えて、ゆめっち、かなでのパーソナリティーの違いが、いまだにわかりにくい。まだ、ぼる塾のほうが“個”が立っているということでしょう」(放送作家)

 『あちこちオードリー』では、福田のドツボにハマったもがきぶりに、MCの若林も心配そうな表情を浮かべていた。

 とはいえ、ぼる塾は本来4人組。現在育休中の酒寄希望が復帰した暁には、どんな変化が生じるのか、まったくわからないだろう。先の長い芸能界レースで、10年後に生き残るのは3時のヒロインとぼる塾、どちらだろうか。

  • 6/23 11:30
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます