今年も旬のシーズンがやってきた!大玉で甘い「鳥取すいか」

拡大画像を見る

初夏の風物詩「鳥取すいか」が、今年もおいしい仕上がりに!



6月中旬から7月上旬にかけて、首都圏で販売の時期を迎える「鳥取すいか」。みずみずしく、シャリシャリした食感、他のすいかに比べて大玉で、水分をたっぷり含んでいることなどが大きな特長です。


鳥取県のすいかといえば県内で最も生産量の多い「大栄すいか」、究極に甘い「極実すいか」、種が少ない「琴浦がぶりこ」など様々な品種がありますが、光センサーにより糖度11度以上のすいかのみを出荷しているため、どれを選んでもはずれなし。今年も、平均重量が8.42kg、中心部の糖度は11.3度と、おいしいすいかに仕上がっています。

首都圏では、東京・新橋のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」、量販店の「いなげや」「サカガミ」などで購入できます。

「ビストロカフェ ももてなし家」では鳥取すいかを使ったスイーツを販売中




とっとり・おかやま新橋館2階「ビストロカフェ ももてなし家」では7月上旬まで、そのままガブっと食べたい「カットすいか」、皮をむいて丁寧にタネを取ったすいかに、砂糖、レモン、ソーダのみで作った「すいかソーダ」、目でも楽しめる「すいかパフェ」など、鳥取すいかを使ったスイーツを販売中。

すいかにはビタミン類が多く含まれているため、夏の暑さを乗り越えるのにぴったりです!

関連リンク

  • 6/23 11:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます