Snow Manラウール、ガチギレ!「友達2人」に「中学生イジリ」来春卒業高校生活は辛い!!

拡大画像を見る

 6月22日深夜放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)にSnow Manのラウール(17)が出演。現役の高校生であるラウールは、学生として過ごす際に感じるをストレスを番組で明かした。

「ゲストが抱く怒りを番組に出演するガヤ芸人にぶつけるコーナー『その怒り解消してあげましょう! 怒りデトックス!』に参加したラウールは、最近イラッとしたことについて、“制服を着て学校に行ってるんで、帽子とか被ったりできないじゃないですか”“この身長もあって、『あ! ラウールじゃん』とか『フー! おいジャニーズ』みたいな。中学生くらいの男の子たちなんですけど”と、街中でイジられてしまうと話しました」(テレビ誌ライター)

 普段は「グッとこらえて」中学生の男子たちへの怒りを押さえているというラウール。番組では、実際の状況を再現し、ラウールに怒りをぶちまけてもらうことになった。

「中学生役に、お笑いコンビ・Everybodyの2人とそいつどいつの市川刺身(31)を起用し、ラウールは怒りをぶつけます。ラウールは、“うるせえよ! さっきからグチャグチャグチャグチャ!”と声を荒げ、最後には“クソが!”と普段の優しそうなラウールとは大違いの姿を見せていました」(前同)

■大人気の裏側で学生生活は苦労が多い!?

 Snow Manのメンバーとして2020年1月にデビューしたラウール。グループとしてはSixTONESとの合同デビューシングル『D.D./Imitation Rain』とセカンドシングル『KISSIN'MY LIPS/Stories』で2枚連続でミリオンセールスを記録している。

「ラウールは、ミリオンヒットを連発したジャニーズのスターグループ、Snow Manでセンターを務めるグループの中心的人物です。また、7月9日に主演映画『ハニーレモンソーダ』の公開を控えるなど個人での活躍もあり、デビュー早々に大人気のアイドルとしての道を進んでいます。

 多くの歓声を浴びるラウールですが、そのぶん目立ちますし、『ウチのガヤがすみません』で話したように、普段生活する中でイジられてしまうことも多いのかもしれませんね」(女性誌記者)

 大人気アイドルであると同時に、現役の高校生でもあるラウールは、6月3日放送のラジオ番組『SnowManの素のまんま』(文化放送)で高校生活について語っていた。

「レギュラー番組である『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)などでは明るい姿を見せているラウールですが、“学校で一言もしゃべらずに帰るって結構あるから。帰り道に発声とかして、『俺って声帯取れてないかな』とか確認するもんね”と明かしていました。

 さらに、この日出演していた渡辺翔太(28)から“意外と学校だと静か?”と聞かれると、“だいぶ陰キャ……ですねぇ。意外だよね、普段はしゃべってるところをみなさん見てるから。結構、静かなタイプですね”と答えていて、学校ではおとなしいタイプのようなんです」(前同)

■友達はまさかの“2人”だけ!

 ラウールはほかにも、学校でバスケットボールをしていると話したが、

「身長が190cm近いラウールは、バスケットボールは得意かと思いきや、“だいたい『できる組』と『できない組』と分けてやってるんだけど、全然、球技がダメだから……。『できない組』でみんなで一緒にやってる(笑)。学校の陽キャたちは『できる組』で固まってやるんだけども”と、球技が苦手だと話していました。

 また、リスナーから、高校に入学して2か月で友達が1人も出来ないとの悩みが寄せられるとラウールは、“この人、入学して2か月でまだ1人もできていないって言うけど、僕は今、入学して2年と2か月ぐらいで、友達2人とかだから……”と語っていましたね」(前出の女性誌記者)

 華やかなアイドル生活と裏腹に、かなり地味な高校生活を送っているようだ。

「ラウールは高校生としてはかなり静かに生活しているようですが、ジャニーズの人気アイドルという特殊な一面がある。もちろん、学校生活では楽しいこともたくさんあるのでしょうが、煩わしい、辛い出来事もさまざまあるようですね。デビューしてすぐにSnow Manは人気グループとなりましたが、来春で卒業予定の高校生としての生活は、その分、苦労を重ねているのかもしれません」(前同)

 残り9か月となったラウールの高校生活。充実した日々を送ってほしい!

関連リンク

  • 6/23 11:34
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます