一緒に居ても楽しくない!多くの女性が経験する【疲れちゃう恋愛】とは

拡大画像を見る


恋愛において好きな人と一緒にいたいと思うのは当たり前です。ですが、一緒にいても何だか疲れてしまう、と感じた経験はありませんか?気付かぬうちに、疲れちゃう恋愛をしている可能性があります。では、疲れちゃう恋愛ってどんな恋愛なのでしょう?


束縛されていて自由を感じない

好きな人とは一緒にいたいけど、常に一緒だったり、いない時間にはLINEで「どこにいるの?」「何しているの?」としつこい連絡が来たりすると気付かぬうちに恋愛に対して疲れてしまうと感じてしまいます。
最初のうちは良くても、それが長期的に続くとそれが窮屈に感じてきて嫌になってしまうこともあります。たまには一人の時間や友人との時間とも過ごしたいはずです。付き合っているから当たり前と勘違いして、束縛されたままではいずれ破局を迎えてしまうでしょう。


相手へ多くを求めすぎる

気付かないうちに、相手に多くを求めすぎてしまうのも疲れちゃう恋愛になってしまう原因の一つです。「もっと優しくして欲しい」「もっと愛情表現をしてほしい」などと相手に色々と求めすぎることを気付かぬうちにしていませんか?
一方的に多くを求めすぎると相手にも負担になりますし、自分自身もだんだん好きの気持ちが相手への不満に繋がってしまいます。相手に求めすぎるだけではなく、ありのままの相手を受け入れることが大切です。


相手のことが大好きすぎて

相手の自分自身への気持ちより、自分が相手への好きという気持ちのほうが大きすぎると恋愛に対して疲れてしまうことがあります。本当に自分のことが好きなのか相手のことを試したり、何かしらすぐに自分のことが好きか聞いたりしていませんか?こういった行為は逆に恋愛に対して疲れてしまう行為の一つです。
相手のことを好きなのはとても大切なことですが、好きすぎると逆に疲れてしまいますし好きがどんどん執着や依存に繋がってしまう可能性もあります。好きすぎて疲れてしまう場合は今一度自分の気持ちを整理する必要があります。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/23 11:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます