褒めたつもりが落としてた!男性を自信喪失させるセリフ9パターン

相手を持ち上げるつもりの言葉が、逆効果になってしまうというのはよくあること。特にナイーブな男性に対しては、ネガティブに捉えられがちな言葉は避けたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「褒めたつもりが落としてた!男性を自信喪失させるセリフ」を紹介します。

【1】「人畜無害」の認定に等しい「やさしそう」
「『いい人ね』と同じで、恋愛の相手として見られていないように思える」(10代男性)など、「やさしそう」という無難な評価が、男らしさの否定だと捉えられるパターンです。どんなに柔和な雰囲気の男性でも、「カッコいい」と褒めてあげたほうが喜ばれるでしょう。

【2】恋愛対象に見ていないことをほのめかす「お兄ちゃんみたい」
「『アタックはしてこないでね』と遠回しに言われた気分になる」(20代男性)というように、「兄」にたとえられることで、恋愛への発展にダメ出しをされたと感じるパターンです。「頼りがいがあるという意味だけど」などとフォローの言葉を添えると良いでしょう。

【3】口ベタをディスってる?とも受け止められる「おとなしいね」
「実際、口ベタなんで、よけい話す気がなくなる」(10代男性)というように、静かさを指摘されると心を閉ざしてしまう男性もいるようです。おとなし系男子に接したら、お姉さんモードになって会話をリードしてあげるのが良いかもしれません。

【4】魅力のなさを突き付けている…!?「真面目だよね」
「俺だってやんちゃなところはあるよ!と言い返したくなります(苦笑)」(10代男性)というように、優等生に見られて反発してしまうパターンです。真面目一辺倒に見えても「実はワイルドなところがあるよね?」などと、パブリックイメージを崩すような一面を指摘してみましょう。

【5】普段はどうなのかと不安にさせる「意外にセンスあるじゃん」
「ファッションについてはコンプレックスがあるから、女性からの言葉には敏感」(20代男性)というように、センスを指摘されることを必要以上に意識する男性もいます。「意外に」というフレーズは、親密になってから冗談交じりで使うのが無難かもしれません。

【6】うるささを皮肉っているとしか思えない「よく話すねー」
「モテキャラとは無縁だと言われているような気がする」(10代男性)というように、話し上手な男性の褒め方にも注意が必要なようです。トーク力に触れるなら、「いつも面白いよね!」などと内容にフォーカスしたほうが良さそうです。

【7】男としては微妙な評価の「カッコいいよりかわいいタイプかな」
「童顔だってこと、実は気にしているのに…」(10代男性)など、ベビーフェイスを気にする男性に、わざわざそれを指摘するのはまずいようです。かわいさを感じる年下男性でも、お子ちゃま扱いはプライドを傷つけるので気を付けましょう。

【8】「老けてるね」と同義じゃないの?とガックリさせる「落ち着いてるね」
「面白みがないと言われているようで、内心すごく焦る」(20代男性)というように、大人っぽさを褒めたつもりが、変に深読みされてしまうケースです。「一緒にいると落ち着くなぁ」などと、精神面の成熟に触れるのが正解でしょう。

【9】好きにならないでと予防線を張られてる?と邪推される「彼女いそう!」
「モテキャラでもないのにそう言われても、返す言葉が見つかりません」(20代男性)というように、定番のフレーズのつもりでも、地雷を踏む可能性が高いのは「彼女いそう」かもしれません。うっかり言ってしまったら、「だって○○君ってすごくマメそうだもん」などと「彼女がいそうに見える根拠」も説明する必要があるでしょう。

恋愛対象外の認定や、男らしさの否定につながる一言は、男性を微妙な気持ちにさせるようです。悪気はなくても安易な言葉を繰り出すべきではなさそうです。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/23 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます