そこじゃない!合コンでハズしがちな褒めトーク9パターン

女の子と仲良くなるために「とりあえず褒めときゃいい」と思っている人は少なくないでしょう。しかし女の子からすると、ときには嬉しくない褒め言葉も存在するので、安易に持ち上げまくるのは、むしろ地雷かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「そこじゃない!合コンでハズしがちな褒めトーク」をご紹介します。

【1】「芸能人の○○に似ているね!」と微妙な有名人にたとえる
「それで散々イジられて、いつもウンザリしてるので、またかと思います」(20代女性)というように、誰かに似ているとたとえるのは、実はまずいことかもしれません。たとえ美人でも、女性に人気のない有名人に似ている場合は、言わないほうがよいでしょう。

【2】「なんかやさしそうだよね」とざっくりとした印象を語る
「それって誰にでも言えますよね」(10代女性)というように、見た目の印象をなんとなく話してもあまり意味がないようです。どうして「やさしそう」と思ったのか、その理由を添えれば納得してもらえるかもしれません。

【3】「おしとやかな感じだね」と口数の少なさを前向きにとらえる
「人見知りでうまく話せないだけなのに、なんか誤解されてる気がしてしまう」(20代女性)というように、適当に性格を決めつけても、相手を困惑させてしまうだけのようです。緊張が解けて素の表情が見えるまでは、キャラクターを診断するのは早計でしょう。

【4】「肌すごく白いね」と顔立ちじゃないところを持ち上げる
「かわいくないから無理矢理褒めるところを探した感じ」(10代女性)というように、いいところを頑張って探して褒めても、相手の心には響かないようです。自然といいなと思えるところがなければ、無理に褒めないほうがいいかもしれません。

【5】「小さくてかわいいね」と気にしているところを突く
「チビで童顔なのがコンプレックスなんですけど…」(20代女性)というように、チャームポイントだと思って褒めたことがマイナスに働くケースです。体型や顔立ちなどにいきなり触れるのはリスキーだと心得ましょう。

【6】「カワイイ響きだね」と名前を褒める
「ほかに褒めるところはないんかい!ってツッコミました」(20代女性)というように、名前の良さを持ち上げても、微妙な反応しか得られないかもしれません。とくに珍しい名前の場合は、本人が気にしている可能性があるので、下手にイジらないほうがいいでしょう。

【7】「セクシーだよね」と胸の谷間に目をやりながらつぶやく
「エロいことしか考えてなさそうで不愉快」(20代女性)というように、体を見ながら褒めるのはやめたほうがよさそうです。「スタイルがいいよね」などと遠回しにいっても、いやらしい感じが伝わってしまうので、体に関するコメントは控えたほうがよさそうです。

【8】「すごく長くて綺麗だね」と盛ったまつ毛を褒める
「つけまやまつエクを褒められても、嘘をついてる部分を見抜かれたみたいでバツが悪い」(20代女性)というように、メイクのなかでも偽装度の高い部分を褒めてしまうのも迂闊かもしれません。それなら手入れが行き届いている、髪や指先を褒めたほうが喜ばれるでしょう。

【9】「さばさばしてていいね」と男っぽさを称える
「女としての魅力がないってことかなと内心ムッとした」(20代女性)というように、さばさばした性格を褒めて、女性として意識してないと誤解されてしまうパターンです。「しっかり者に見えるけれど、プライベートではギャップがありそう」などと、期待を込めた表現をしてみてはいかがでしょうか。

初対面では、女の子をいきなり褒めるのではなく、ある程度話してお互いのことを理解してからにしたほうが、威力がありそうです。慌てて褒めて墓穴を掘らないようにしましょう。(外山武史)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/23 9:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます