A.B.C-Z河合郁人、松本潤が「怒りのNG」KinKi Kidsすり寄りで生き残りか

拡大画像を見る

 A.B.C-Zの河合郁人(33)が6月17日放送の『ニンゲン観察バラエティモニタリング』(日本テレビ系)で、KinKi Kidsの堂本剛(42)のモノマネを披露する場面があった。

 この日は、練習なしの1発本番で歌を披露する“THE FIRST TAKE”の企画を装い、歌っている最中にターゲットを落とし穴に落下させるドッキリ企画を放送。仕掛け人を務める河合がターゲットの塚田僚一(34)とともにKinKi Kidsの『愛のかたまり』を歌うことになった。

 チャレンジ前のトークで、塚田は「一緒って思うとホント心強いなって思います。これほど河合のことを心強いなって思ったことはありません」と河合に信頼を寄せると、ドッキリをいっさい疑うことなく、チャレンジをスタート。ノリノリの塚田だったが、大サビを熱唱していたところで勢いよく落とし穴に転落すると、突然の出来事にパニック状態となった。

 そんな塚田に自身が仕掛け人であることを伝えた河合はせっかくだからということで、堂本剛の歌マネで締めることに。だが、その途中で、自らもドッキリの餌食になり、落とし穴に転落すると、この直前の収録でも落とし穴に引っかかっていたという河合は「なんで!? 俺、もうやったじゃん!」と悲鳴を上げていた。

 河合は番組を見事に盛り上げていたが、少し気になったのが、嵐の松本潤(37)のモノマネを得意とする河合が嵐の曲ではなく、KinKi Kidsの曲を歌っていたことだ。実は、河合は6月14日放送の『Do8』(フジテレビ系)に出演した際に、松本から「おまえとは絶対、メシ行かねぇ」と“絶縁”されたことを告白し、話題となっていた。

■鉄板ネタはもう使えない?

「6月7日放送の『霜降りミキXIT』(TBS系)で河合は松本と焼肉を食べた際に、松本が焼肉を焼いてくれたものの、ずっとサングラスをしていたため、だいたいの肉がレアだったというエピソードを明かしていました。これは河合の定番ネタで、あちこちの番組で話していたのですが、これに松本が激怒してしまったようなんです。

 そうした事情もあって、河合はテレビ番組で嵐の曲を歌ったり、松本のモノマネを披露したりすることを控えているのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 そもそも松本はモノマネされること自体をあまり快く思っていなかったようだが、その一方で、KinKi Kidsは河合のモノマネにお墨付きを与えている。昨年10月17日放送の『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系) に出演した際に、河合が堂本剛と光一(42)を目の前にして、本人たちの歌マネを披露したところ、光一からは“いいじゃん”の札を上げられる場面があったのだ。

 松本を怒らせたことで、松本のモノマネを控えざるをえなくなった河合。松本ネタは鉄板だったが、これからはKinKi Kidsのモノマネが中心になっていくかも?

関連リンク

  • 6/23 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます