キンプリ岸・好演『ナイトドクター』、100億円『コードブルー』との7つの禁断被り!

拡大画像を見る

 6月21日、波瑠(30)主演の“月9”ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系=以下同)の初回が放送された。

 働き方改革を目指すあさひ海浜病院が立ち上げた、夜間勤務専門の救命医チーム「ナイト・ドクター」に招集された指導医の本郷亨(沢村一樹・53)、医師の朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭・36)、桜庭瞬(北村匠海・23)、高岡幸保(岡崎紗絵・25)、そしてKing&Princeの岸優太(25)演じる深沢新が繰り広げる医療ドラマだ。

「1話では、岸演じる深沢の視点を中心に物語が進んでいきます。内科医として病気を抱えた妹と2人で生活をしてきた深沢が、ナイト・ドクターチームに転属。しかし、救急の経験や知識がなく、いざ患者が運ばれて来ても深沢はまったく役に立たない。仕事に対してやりがいや熱意もない深沢は、一時は内科医に戻してもらうとするのですが、妹が救急搬送されたことから意識に変化が生じるというのが、1話の展開でした。

 レギュラー出演する『VS魂』をはじめ、バラエティ番組では天然キャラでポンコツな岸ですが、『ナイト・ドクター』の第1話では冷めた性格でどこか物事をシニカルに見ている深沢を好演。現場で何もできずに呆然と立ち尽くす姿や、新しいチームでの仕事に戸惑いを見せる姿をナチュラルに演じて、リアルさが感じられました」(テレビ誌ライター)

■視聴率は上々でもちらつく名作の影

 岸の好演もあってか、1話は世帯視聴率が13.4%、個人視聴率が7.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ=以下同)となり、好スタートを切れた。

「上々の立ち上がりを見せた『ナイト・ドクター』は、ツイッターでもトレンド入りしてSNSでも話題になりました。ただ、『ナイト・ドクター』が注目を集めたと同時に、ツイッタートレンドでは、同じフジテレビ系で放送されていた『コード・ブルー』もトレンド入りしてしまったんです」(WEB編集者)

『コード・ブルー』は、2008年7月期、2010年1月期、2017年7月期と3度に渡って連ドラが放送。スペシャルドラマも2回制作され、2018年7月には劇場版まで公開された。主演は山下智久(36)が務め、共演には新垣結衣(33)、戸田恵梨香(32)、比嘉愛未(35)、浅利陽介(33)が起用された。

 『ナイト・ドクター』と同時に『コード・ブルー』がトレンドに上がってしまったのには、理由がある。

「『ナイト・ドクター』が放送されると、“ナイトドクター見たらコードブルー見たくなったのでまた見ます”“やっぱりコードブルー思い出す”“ナイトドクターめちゃくちゃにコードブルーでわろてる”といった声が寄せられていました。それも無理はない、と思えるほど、この両作には共通する部分がかなりあるんですよね」(女性誌記者)

■ドラマ本編でも見られる『コード・ブルー』との共通点

 前出の女性誌記者は言う。

「『ナイト・ドクター』は夜間救急専門チームの群像劇、『コードブルー』はドクターヘリを使う救命救急センターを舞台に、フライトドクターやフライトナースたちの活躍を描いた作品とそれぞれ設定は違いますが、“救急医療”がテーマのドラマです。

 また、『コード・ブルー』は1期こそ木曜劇場での放送でしたが、2〜3期は『ナイト・ドクター 』と同じ“月9”枠で放送されています。

 キャスティングでも『ナイト・ドクター』は主演の波瑠を筆頭に岸、田中、岡崎、北村とチームに招集された若手医師5人がメイン。一方『コード・ブルー』も、山下演じる主人公の医師・藍沢耕作をはじめ、同じく医師の白石恵役の新垣、緋山美帆子役の戸田、藤川一男役の浅利、看護師の冴島はるか役の比嘉がシリーズを通じてメインで活躍していました。両作ともメインキャストが5人、という部分も被っています。

 ストーリー面においても、『ナイト・ドクター』の1話では工事現場の崩落事故が出てきましたが、『コード・ブルー』の3期9話と10話でも、開通前の地下鉄の崩落事故が登場しており、状況は違ってもストーリーに“崩落事故”が用いられているところも同じですね」

■“二番煎じ”との意見も!

 さらに作品本編だけでなく、ドラマの裏側でも共通している部分があった。

「『ナイト・ドクター』のプロデューサーの野田悠介氏は、 2018年7月に放送された『コード・ブルー』のスペシャルドラマ第2弾で演出を担当しています。また、『ナイト・ドクター』の演出を務める関野宗紀氏も『コード・ブルー』の2期で同じく演出をしています。さらに、医療監修を日本医科大学千葉北総病院の救命救急センター(北総救命)が担当しているのも、両作で共通している部分です」(前出の女性誌記者)

 このように『ナイト・ドクター』と『コード・ブルー』では、実に7つも共通している部分があるのだ。

「ドラマ本編のみならず、スタッフまで共通する部分が出てくると、フジテレビが『ナイト・ドクター』で、『コード・ブルー』の二匹目のドジョウを狙っているのは間違いないでしょう。ただ、あまりにも見え見えなせいか、視聴者から“言ってはいけないのかもしれないけどナイトドクター…コードブルーの二番煎じ感がすごい…”“ここまでコードブルー色強いと、この先持たなそう、どっかで違い見せないと二番煎じ感すごいから”と厳しい意見も出ています」(前同)

『コード・ブルー』の世帯平均視聴率は、1期が15.9%、2期は 16.6%、3期が14.8%といずれも高水準。さらに劇場版にいたっては、興行収入が93億円と100億円に迫る記録を残した。

「フジとしては「ナイト・ドクター』を、ドラマも映画もビッグヒットを記録した『コード・ブルー』に続く医療ドラマにしたいのでしょう。厳しい意見も出てきていますが、作品に罪はありません。批判の声も吹き飛ばすような素晴らしい作品にしてほしいですね」(同)

 1話の勢いをそのままに、『ナイト・ドクター』は最終回まで駆け抜けられるか!?

関連リンク

  • 6/23 7:33
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます