好感度急落の嵐・二宮和也を救う?相葉雅紀の「ダンス」「UB」「にのあい」

拡大画像を見る

 6月21日、ライオンの「いっしょだと最高! キャンペーン」CM&メイキング動画が解禁。昨年末にグループ活動を休止した嵐の二宮和也(38)と相葉雅紀(38)の2人が、相変わらずの仲睦まじい姿を見せて話題となっている。

「『トップ スーパーNANOX』と『ソフラン プレミアム消臭』のCMにそれぞれ出演する二宮と相葉が、従来のCMの最後に2人で向き合ったり肩を組んだりして、“一緒だと最高!”というコラボパートを付け加える形式で放送されます。2人の今の“距離感”をコンセプトにキービジュアルならびにQUOカードのビジュアルを制作したそうですが、以前と変わらない仲の良さでしたね」(広告代理店関係者)

 メイキング動画では「2人が“いっしょだと最高!”だと感じた瞬間は?」という質問に対して、二宮が自信満々に「長く一緒に活動してきた我々が“いっしょだと最高!”だと思った瞬間が違うなんてありえない」と語っていたものの、結局回答がズレる、という場面もあった。

■「またやろう、いつか」

「二宮は“コンサート”、相葉は“かるた”と答えていましたね。相葉は“コンサートは殿堂入りしてるもんだから”“なんか、変わっちまったなぁ”と、二宮に笑いながら責任転嫁していたほか、相葉は二宮とかるた大会をした際に読み手も兼任していたから“勝てるわけがない地獄のかるた”という言葉もあり、答えはズレていましたがむしろ仲の良さが如実に現れた結果となりました(笑)」(前出の関係者)

 相葉は二宮の「“嵐の(最高な瞬間)”ってことなんじゃないの?」という指摘に「なるほど、ごめんなさい。そうしたら、2人でやったライブでのユニット曲ですね」と答えており、このズレは持ち味の天然ぶりによるものだと判明。ここで「UBね、またやろういつか」と話、ファンを喜ばせた。

「『UB』というのは、17年11月17日~18年1月14日に行われたコンサートツアー『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 untitled』で披露された二宮と相葉のデュエット曲を指します。息ぴったりのシンクロ感あふれるダンスが大好評でしたね」(女性誌記者)

 ちなみにこのダンスは二宮によると「初歩の初歩」「(練習は)2,3時間」だと18年1月21日に『baystorm』(bayFM)で明かしている。シンクロ感の高さについても、実はグループで踊るよりも2人だけで踊ったときの方がミスがわかりにくいとしていた。もちろん、これはプロ中のプロである二宮と相葉にとっての「初歩」なのだろう。当初コンサートで披露された振り付けとは比べ物にならないほどレベルが高いダンスだったことも、ラジオで明かしていた。

■1人だけ人気ランキング圏外のニノ

「相葉は二宮と非常に仲が良く、6月17日放送の『VS魂』(フジテレビ系)では、風間俊介(38)と波瑠(30)の誕生日が同じ6月17日と明かした際にすかさず“ニノもそうだよ!”と補足したことで、アンタッチャブルの山崎弘也(45)に“ニノ愛が強すぎ!”と言われていました(笑)。ここ最近、好感度が急落している二宮にとって、相葉のような存在はありがたいのではないでしょうか」(専門誌記者)

 二宮は19年11月に元アナウンサーの一般女性Aさんと結婚したが、いわゆる「匂わせ投稿」がファンから問題視されていたことや、「20年末にグループ活動休止を明言していたのにそれを待たなかったのはメンバーに対しても不誠実」として、好感度が下落していた。

「6月15日に『週刊女性』(主婦と生活社)が恒例企画“好きなジャニーズ嫌いなジャニーズランキング2021”を発表しましたが、ここでも二宮は“嫌い”部門で昨年6位から4位に上昇してしまった。しかも、“好き”部門で、トップ15に嵐では二宮だけランクインしていない有様でした。ちなみに、14位が櫻井翔(39)、8位が大野智(40)、6位が松本潤(37)、相葉が4位と、やはり相葉が嵐でも特に好感度が高いことも分かります」(前同)

■結婚指輪をつけて映画の宣伝に!?

 最近も、二宮の話題でネットが荒れた。6月11日に二宮は『めざましテレビ』(フジテレビ系)に22年公開予定の主演映画『TANG タング』のPRでインタビュー出演していたのだが、赤い派手な服を着た二宮の左手薬指に金色の指輪が輝いていたのだ。

「これに“結婚指輪か!?”とファンがショックを受けてしまったんです。実際は劇中の衣装の1つだったことが16日付の『週刊女性PRIME』が映画の宣伝担当者に取材した結果、明らかとなりましたが、《公の場でもつけるんだ…がっかり》《いきなりすぎてショック》とダメージを受ける声だけでなく、“結婚指輪を見せる=アイドルとの決別”と深読みする声までありました」(前出の女性誌記者)

「にのあい」の愛称で親しまれる二宮と相葉。相乗効果で二宮の好感度も戻るといいのだが……。

関連リンク

  • 6/23 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます