世帯年収300万円の子持ち男性「食費は1日1000円前後。こだわりを捨て節約に努めれば、この年収帯でも十分に生活できます」

拡大画像を見る

世の中には「収入が足りない」と感じながらも、どうにか家計をやりくりして、ギリギリの生活を送っている人がいる。世帯年収300万円台のキャリコネニュース読者からは、そうした声が多く寄せられた。静岡県に住む30代既婚女性(IT・通信系/世帯年収300万円)は、

「子どもは4人います。買いたいものを我慢して切り詰めながら、何とか生活できています」

と生活の苦しさを打ち明けている。

大阪府の40代女性(准看護師/年収350万円)は「離婚して無一文になりました」と明かす。現在は独身だが、幸い年収の高い勤務先に転職できたため、生活を立て直しているところだ。引き続きこの女性の投稿を紹介しつつ、ほかの声もみていこう。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「外食や旅行、美容・衣服費などは、ほとんどかかりません」


「一人暮らしで犬を飼っています」と生活感を語る女性。現在の目標は正看護師になることだ。来月から「通信制の学校に通います」と意欲を示す。住まいは1年前に購入したマンションだが、学校生活と同時に学費の支払いが始まることから「また貯金が底をつきそうです」と続ける。

「それでも資格取得後は、年収にして30万円ほど上がる見込みなので、少しずつ貯めていきます。ちなみに今の生活は愛犬優先のため、外食費や旅行費、美容・衣服費などは、ほとんどかかりません。多少は愛犬にお金がかかっても生活できています」

女性は正看護師を目指す理由について「やはり老後の見えない不安があるので」と打ち明けている。

「上の子は地域で1番の公立高校に通っています」

福岡県の40代男性(アルバイト/世帯年収300万円)は「何はともあれ、収入より支出が上回れば赤字。これは簡単なことです」と切り出す。夫婦と子ども3人の家族5人で暮らしており、日頃の生活について、

「住宅ローンは月5万円で、保険代は月3万円。1番上の子は、国立大学合格を目指しています。ちなみに地域で1番の公立高校に通っていますが、塾などは一度も通わせていません。下はまだ小さいですが、お気に入りの遊園地の年パスを用意するなど、飽きないようにいろいろと工夫しています。もちろん楽しむことも忘れずに、ですが」

と綴った。外食もできる限り行かないよう心がけているが、その分、普段の食事は「お店の味のようなクオリティを出せるよう努力しています」と付け加える。食費については「ほとんど国産しか買いませんが、高い食材にこだわらなければ1日1000円前後で済みます」と語る。男性は、

「こだわりを捨て、家族全員で楽しく節約に努めれば、世帯年収300万円でも十分に生活できます」

と述べている。ほかには、

「夫婦2人暮らし。贅沢をしなかったら生活はできる。でも旅行や貯蓄までは回らないので、将来が不安」(30代女性/兵庫県/サービス系/世帯年収300万円)

という声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」あなたの職場のサイコパスなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収550万円の30代女性「夫は一日1箱のタバコと、500ml 缶3本分のアルコールは減らせないとのこと。私は食費も削ってるのに」
世帯年収1800~2000万円のリアル「普段はユニクロ、2~3年は同じものを着てる。車は530万円で中古車を一括購入」

関連リンク

  • 6/23 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます