佐々木希が地方ロケを満喫、安心して家を空けられる渡部建の” 専業主夫力“

拡大画像を見る

 モデルで女優の佐々木希が6月21日、インスタグラムを更新。地方で映画の撮影をしていることを報告した。

 佐々木は「先日から地方にて映画の撮影中。今日は天気が良く、いい目覚めでした。波や船の音も最高です」と報告。ホテルの一室と思われる部屋の窓から海を眺める自身の写真を投稿し、「横顔が国宝。。。」「美しいですね」などと大絶賛されていた。

 映画の地方ロケではあるが、都会での日常を離れてリラックスできたのだろう。しばしボーッとして、疲れを癒しているかのような表情に見える。

 佐々木の夫であるお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建は2020年6月に発覚した〝多目的トイレ不貞〟により、いまだに芸能活動自粛を強いられている。

「渡部は現在〝専業主夫〟と見られています。稼ぎはほとんどないですが、18年9月に誕生した長男の保育園への送迎など、家庭業務全般を引き受けているようです。そのため、皮肉なことですが、佐々木も子供を残して心置きなく地方ロケに行けるのでしょう」(芸能記者)

 今後は仕事だけでなく、プライベートの旅行でも家を空ける可能性があるという。

「19年6月9日のインスタグラムで、佐々木は女優の大政絢と北海道旅行に行ったことを報告。そのとき、一部のフォロワーから『子供はどうしたの?』などと、〝子育てを多忙な渡部に押し付けて自分は旅行を楽しんでいるのか〟といった批判的なコメントがありました。でも、今では渡部が主夫業に専念しているので、世間から非難される心配はありません。チャンスとばかり、旅行を楽しんでもおかしくはありません」(前出・芸能記者)

 一家の大黒柱なのだから、地方ロケだけでなく、友達との旅行も堂々と行ってほしいものだ。

(石田英明)

関連リンク

  • 6/23 6:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます