坂上忍、元文春中村記者の擁護に久々ブチギレ!「坂上さんの一方的な決めつけは勘弁」に激しく攻め立てる

拡大画像を見る

 21日放送のフジテレビ『バイキングMORE』では平井卓也デジタル改革相がデジタル庁の事業について、自身と近い関係のベンチャー企業を参加させるよう求める発言をしたとして、官製談合防止法違反の疑いがあると「週刊文春」(文藝春秋)が報じたことについて特集。元週刊文春記者の中村竜太郎氏の「坂上さんの決めつけは困る」という発言にMCの坂上忍が猛反発する場面があった。

 同誌の報道に平井氏は記者会見で「誰も企業名を言っていない」と事実関係を否定し、記事の訂正と削除を求めたが、同誌はこれに応じないとしている。

 記事を読み、同誌が公開した音声データを聞いたという坂上は「そこまでの話か?」と今回の報道を疑問視。芸能人という立場で、時に記事を書かれる側の意見として「強い疑惑で、あそこまでの書き方されると、きついわね」と訝しげに印象を語った。

 中村氏は同誌の担当記者から話を聞いてると言い、「他にデジタル庁の関係者複数にあたって、記事に書かれている以外にもいろいろ証拠を固めている」と報道に自信を見せた。

 しかし坂上は「そしたら、その辺を記事化しないと読者には正確には伝わらないとは思いますけど」とまだまだ疑わし気。

 坂上のこれらの反応に中村氏は「坂上さんの一方的な決めつけはちょっと勘弁して欲しいな」と苦笑いで反論。スタジオに笑いが起こる中、この発言にカチンときたのか坂上は「いやちょっとまって! 決めつけって何よ。笑い事じゃないよ」と猛反発。

 中村氏が「要は、文春の報道スタンスが歪んでるんじゃないかという印象で」と弁明を始めると、それを遮り「決めつけってさ! 俺は記事を読んで、音声データを聞いて、それで自分の意見を言ってるんだから」と反論。

「法的には行ききらないけど、この人の発言は認められるものではないよって言ってるの」と自分の主張をまとめると「これが何の決めつけになるんですか? 言葉間違って貰ったら困りますよ!」とまくし立てた。

 中村氏は「そこはすみません。申し訳なかったです」と謝り「ただ、やはり」と続けようとしたのだが、怒りの収まらない坂上は「逆に決めつけって言ったらこの記事の方が決めつけになっちゃうんじゃないですか!?」と言葉を遮り詰問。

「私はそういう風には思ってなくて」と返す中村氏におかまいなしで「表現の自由、報道の自由っていうのがあるけれども。それで僕らだって相当我慢して迷惑してる部分もあるわけですよ!」とヒートアップ。

 坂上は、自分たち芸能人も週刊誌に疑惑として記事にされる可能性があり、記事だけで、なんでも政治家が悪いと責めることはできないと言い、「このルール自体が我慢できないという思いがどこかにある」と週刊誌報道への疑問をぶつけた。

 今回の平井氏の報道が「どっちにもとれるかな、という所の記事だからみなさんでこうやって話し合ってるわけじゃない」とやっと坂上が中村氏に話をふると、圧倒されたのか中村氏は「そうですね。その議題としては有意義だと思います」と坂上に同調。坂上は逃がさないとでも言うかのように「いや、自分の意見を言ってくれればいいんですよ!」と喝を入れた。

 中村は「忖度をしてしまう土壌ができてしまう危うさがある」と平井氏の言動から音声データが流出し記事になったと、控えめに主張をすると坂上は「危うさを指摘したいなら、この書き方がはたして正しかったのかどうなのか、甚だ疑問です」とさらに反論。「裏どこまで取ってんの?ってことを聞きたかったんですよ!」と興奮気味に問い詰めた。

 中村氏は自分が取材したわけではないので断定はできないとしつつ、「自信をもって書いてるって言葉を(同誌記者から)得たので相当自信があるんだなと思っている」と話し、なんとか坂上を納得させることができた。

 この坂上の様子にネット上では「うわ、恫喝してるよ」「なんでこんなにブチギレてるの」「今日のバイキング放送事故レベル」と困惑の声があがっていた。また「今日の坂上は調子がよさそうだな」「きたきたきた」と盛り上がる視聴者も。

 おもわぬ地雷を踏み、すべての週刊誌への怨みをぶつけられてしまった中村氏には気の毒だが、これぞ坂上のキレ芸が見られた放送となった。

  • 6/22 19:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます