難病公表で一時活動休止中の柏木由紀、SNS休止を発表

【モデルプレス=2021/06/22】難病である「脊髄空洞症」の疑いを診断され一時的に活動を休止しているAKB48の柏木由紀が22日、自身のInstagramを更新。SNSの更新を休止することを発表した。

◆柏木由紀、SNS休止発表

柏木は「病気の治療のため、今日からしばらくの間、Instagramの更新をお休みさせていただきます」と治療のため更新を休止することを発表。

「しっかり治療して、なるべく早く!元気に戻ってきたいと思っております」と治療に専念するとし「TwitterやYouTubeもお休みさせていただきますがぜひまってていただけるとうれしいです」とInstagramと同時にTwitterとYouTubeチャンネルの更新も休止するとした。

◆柏木由紀、難病公表 今月末に手術予定

柏木は、今月3日に放送されたテレビ東京系『主治医が見つかる診療所』にて人間ドックを受けた結果、10万人に数人とされる「脊髄空洞症」の疑いがあると診断され、8日にAKB48と所属事務所の公式サイトにて活動を一時休止することを発表。その後出演したAbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」にて今月末に手術予定であると明かしていた。

なお、7月7日、7月8日に予定されていた自身のソロコンサート「寝ても覚めてもゆきりんワールド」と、8月31日に予定されているWACK所属7グループとのコラボシングルのリリースは延期。医師の指導の下、身体に負荷がかからないと判断された仕事については、手術入院前まで継続するとしていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/22 21:50
  • モデルプレス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます