世帯年収800~1000万円のリアル「3頭の一口馬主。アメックスの限度額もそこそこ」「貧乏時代に毛が生えた程度の節約生活」という声も

拡大画像を見る

年収800~1000万円世帯が直面している問題は、どのようなものなのだろうか。岐阜県の40代前半男性(不動産・建設系)は、世帯年収1000万円。キャリコネニュースに、

「子どもが4人いるため、教育費だけで月15万円ほどかかる。住宅ローンを完済しているとはいえ、前述の状況から家計的な余裕がない」

という声を寄せている。

三重県の40代後半男性(世帯年収800万円)も、高校生2人と小学生2人を養う多子世帯だ。夫婦共働きで、男性は年収600万円の正社員、妻は年収200万円のパート勤務。現在の生活感について「せめてもの救いは、田舎暮らしなので食料品が安いこと」と続ける。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「育児・教育面の施策には不満しかない」


男性家族の負担となっているのは、子どもの教育費だ。また「田舎なので車が必須」といい、車両費もネックになっている。男性は、

「上の2人は私立と公立に通っていて、とにかく学費も学校関連の費用も高い。公的な学費支援も対象外。さらに夫婦2台分の車の税金・車検代・ガソリン代などの諸経費が加わるため、子どもと車の2大出費が半端ない」

ともらす。男性は「高校生以下の子を養う世帯は、年収に関係なく一律に支援するべきだと思う」と不満を募らせる。また「学校の教師のレベルも低いため、子どもの理解なしに授業が進んでいく。育児・教育面の施策には不満しかない」とも述べていた。

「平日は仕事で忙しい日々。旦那の会社も有休が取りづらい」

夫婦のみで暮らす人からの声もあった。埼玉県の40代前半女性(マスコミ系/世帯年収1000万円)は「半田舎よりの地域なので、野菜なども安くて美味しいのが買える」といい、

「家賃も安く、生活費が抑えられているので、月40万円くらいのペースで貯金ができる。ちなみに今の暮らしは、貧乏時代に毛が生えた程度の節約生活。もうちょい時間とお金の余裕があれば、子どもが欲しかった。でも自営業なので、子どもがいたら回らない現実も」

と書いている。

同じく埼玉県の40代後半女性も、世帯年収1000万円。夫婦共働きで、自身は契約社員として勤務している。「子育てを終えていて、今は犬2頭の世話と旅行が楽しみ」と生活感について説明する。

「毎月の貯金はそれなりにしている。アメックスの限度額もそこそこ。あとは3頭の一口馬主をしている。車は即金買いだが、お金のかからない軽自動車に乗っている。高級車も検討したが、老後とコスパを考えてのこと。そのため家も郊外に戸建てを購入した」

女性は「平日は仕事で忙しい日々。旦那の会社も有休が取りづらい」と不満ももらしていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」あなたの職場のサイコパスなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収550万円の30代女性「夫は一日1箱のタバコと、500ml 缶3本分のアルコールは減らせないとのこと。私は食費も削ってるのに」
世帯年収1800~2000万円のリアル「普段はユニクロ、2~3年は同じものを着てる。車は530万円で中古車を一括購入」

関連リンク

  • 6/22 19:59
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます