鈴木愛理[インタビュー]『クラシックTV』特別版の見どころを熱弁「お手洗いに行ってからテレビの前に座ってもらった方がいいと思います!(笑)」

鈴木愛理が、6月24日(木)放送の『クラシックTV』特別版『YouTubeと音楽〜インスト最前線〜』にMCとして出演する。同番組では、人気のインスト系ユーチューバーがスタジオに大集合し、J-POPから即興演奏、クラシックの名曲まで、ここでしか観られない演奏やスペシャルコラボを披露。本記事ではMCの鈴木、清塚信也のオフィシャルインタビューをお届けする。

ーー収録の雰囲気はいかがでしたか?

鈴木愛理:
今日はスタジオに“ピアニストがたくさんいる!”という見た目だけでも楽しかったです。いつもの収録時間でも1時間番組でいいんじゃない?っていうくらいの濃いものを、今日は2倍収録したので、どのくらい凝縮されるか想像がつかないです。

清塚信也:
みんな私の知っているピアニストで、ゲストのみなさんも私のキャラクターを知ってくれているから無礼講でした。(川谷)絵音ちゃんも気を遣わないで収録していたから、いつもより長い収録でも今日は長く感じなかったです。気軽に座談会をしているという感じで、こんなにカンペを無視した回は初めてです(笑)。

ーー今回の放送で特に楽しみにしていてほしいポイントは?

清塚信也:
やっぱり演奏かな。気軽に芸人さんにボケてって言えないのと同じで、決まった曲以外を気軽にピアニストにピアノ弾いてって言えないんですよ。私も一緒になって弾くから、どんどんリクエストして即興の演奏を引き出しました。何が起こるかわからないので、ワクワクすると思います。

鈴木愛理:
今までの放送では説明のVTRや歴史をたどるものが多かったですが、今回はほぼ演奏です。55分間のうち7割くらいピアノの音がしているんじゃないか、っていうくらいの実演量なので、本当に音楽を楽しんでもらえる時間になると思います。

ーー最後に、視聴者に向けてメッセージをお願いします。

清塚信也:
今回はYouTubeというテーマですが、今の最先端のトレンドや技術、音楽的なアイディア、音楽性といったものをお送りします。非常に音楽的に見てあっと驚く、刺激になる、もしかしたら人生を変えられる素晴らしい才能が見られると思うので、ぜひご覧ください。

鈴木愛理:
ゲストのみなさんが好きなクラシックの作曲家たちを語るシーンは、意外な面白さもあるんじゃないかと思います。すごい盛りだくさんなので、ぜひ見逃さずに、瞬きせずに観てもらえたらなと。お手洗いに行ってからテレビの前に座ってもらった方がいいと思います!(笑)

Eテレ『クラシックTV』特別編『YouTubeと音楽〜インスト最前線〜』
【放送予定】
6月24日(木)Eテレ 22:00〜22:55
6月27日(日)Eテレ 15:00〜15:55(再放送)
※この番組は放送中や放送後7日間、パソコンやスマホでご覧いただけます。

【ゲスト】
川谷絵音(ミュージシャン、プロデューサー)、ichika(ギタリスト)、ichikoro(バンド)、かてぃん(角野隼斗/ピアニスト)、菊池亮太(ピアニスト)、けいちゃん(ピアニスト)、ハラミちゃん(ピアニスト)、よみぃ(ピアニスト)

【司会】
清塚信也(ピアニスト)、鈴木愛理(歌手、モデル)

関連リンク

NHKプラス

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/22 18:40
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます