洗濯機の掃除方法を解説!ハイターや重曹を使ったやり方までご紹介

拡大画像を見る

洗濯機の掃除方法から、多様なクリーナーの特徴まで詳しくご説明します。業者に頼むと費用がかかりますが、「ハイター」や「オキシクリーン」「重曹」でのこまめなカビ予防は節約になります。種類が豊富にある洗濯機の掃除クリーナーの中からおすすめを厳選しました。ぜひ参考にしてみてください。


洗濯機の掃除は必要?


pixta.jp


洗濯機は使用していくうちに汚れてしまうので、掃除が必要です。汚れの原因はさまざまで、洋服に付いた汚れやホコリはもちろんのこと。粉末洗剤を使っている場合は、洗剤投入口に溶け残ったものが石鹸カスとなり汚れの原因になります。

このような汚れが蓄積するとカビが繁殖して、洗濯物が臭ったりカビが付着してしまうなどの問題につながる場合もあります。衣類を気持ちよく清潔に洗濯するためには、こまめな洗濯機の掃除が大切です。


洗濯機の内側に付く汚れの簡単な掃除


洗剤投入口の掃除


pixta.jp


取扱説明書を確認した後に、洗剤ケースを取り外して洗います。ぬるま湯で汚れを柔らかくして歯ブラシで擦っていき、汚れが落ちにくければ浴室用洗剤を使用しましょう。本体側の穴が開いている方も、汚れている場合があるので確認してみてください。


ゴミ取りネットの掃除


取扱説明書を確認した後に、ゴミ取りネットを取り外します。ネットを裏返して中に溜まったゴミを捨てましょう。ネットの中のゴミはカビが生える原因になりやすいので、こまめに捨てるのがおすすめ。

プラスチックの部分はぬるま湯で汚れを柔らかくしながら、歯ブラシで擦って落とします。汚れがこびりついている場合は浴室用洗剤を吹きかけて大丈夫です。本体側の汚れも確認してください。


洗濯機のカビを防ぐには?


洗濯機のフタは開けておきましょう


洗濯機の中に水分が残っているままフタを閉めてしまうと、カビの原因になります。洗濯物を出した後、乾燥するまで洗濯機のフタは開けておきましょう。逆にフタをずっと開けっ放しにしておくと、洗濯機の中にホコリが溜まってしまうので、定期的な掃除が重要になります。


洗濯機は洗濯カゴとして使用厳禁


濡れたタオルや皮脂などが付着した衣類を洗濯機の中に長時間入れておくと、カビの原因になります。洗濯カゴを用意して、汚れた衣類は洗う直前に洗濯機に入れましょう。ランドリーラックを洗濯機に取り付ると、カゴを置くスペースができて便利です。

濡れた衣類を放置しておくと、臭いやカビの原因になります。すぐに洗濯しない場合は、一時的に乾かすと衛生的。100円ショップで吸盤付きのタオルがけが販売しているので、洗濯機のボディに貼り付けておくと、濡れたタオルなどを乾かせるのでおすすめです。


業者に任せて洗濯機を徹底的に掃除


こまめな掃除をしていても、汚れは蓄積してしまいます。ハイターなどの強力な塩素系の掃除クリーナーを使用しても、洗濯物の臭いや汚れが気になる場合は業者に依頼しましょう。相場は約1万円~と安くはないですが、洗濯槽の裏側までしっかりと掃除してもらえるのでおすすめです。


洗濯機の掃除クリーナーの選び方


pixta.jp


洗濯機の掃除クリーナーに主に使われるクリーナーは「塩素系漂白剤」「酸素系洗浄剤」「重曹」の3つです。殺菌効果や掃除の仕方がそれぞれ異なります。下記では、特徴をあげながらおすすめの掃除クリーナーをご紹介。


塩素系漂白剤


pixta.jp


塩素系漂白剤は、時間をかけずしっかりと洗濯機を掃除したい方におすすめ。掃除の手順も簡単で殺菌効果が高いクリーナになります。「混ぜるな危険」の注意書きが記載されており、酸性の物質と混せてしまうと有毒なガスが発生するので、取り扱いには注意が必要です。


【ハイター】洗濯物にも使える万能の洗剤「ハイター 大 1500ml 」


www.amazon.co.jp


最初にご紹介する洗濯機の掃除クリーナーは、ハイターが展開する「ハイター 大 1500ml 」です。塩素系の強力な洗剤で、漂白剤特有の臭いも強め。ステンレス槽には使えないものもあるので注意が必要です。洗濯槽だけでなく、洋服の漂白にも使えるので漂白剤の数を減らしたい方におすすめ。

ハイターの使用量は、使用する水量に対してハイターは約200倍の希釈が目安です。例えば、家庭用で一般的な8kgの洗濯機の満水量が62Lだとすると、適量は310mlになります。

▼ハイター 大 1500mlの口コミを確認する

価格265円(税込)~タイプ塩素系粉末/液体液体ドラム式対応ー


【パナソニック】しっかりとカビを分解し除菌する「洗濯槽クリーナー ドラム式専用」


www.amazon.co.jp


続いてご紹介する洗濯機の掃除クリーナーは、パナソニックが展開する「洗濯槽クリーナー ドラム式専用」です。ドラム式専用なので、故障の心配もなく使用できます。カビの分解力は強力で、しっかりとした除菌効果が期待できます。ドラム式洗濯機のカビが気になる方におすすめ。

▼洗濯槽クリーナー ドラム式専用の口コミを確認する

価格1,183円(税込)~タイプ塩素系粉末/液体液体ドラム式対応可能


酸素系漂白剤


pixta.jp


酸素系漂白剤は、殺菌よりもこびりついた汚れをはがしたい場合におすすめ。漂白剤特有の刺激臭は残りにくいですが、漂白効果により落ちてくるゴミやカビをすくって捨てるなどの手間がかかります。肉眼で汚れ落ちが確認できるのはポイントです。


【サラヤ】黒カビが剥がれ落ちる「アラウ. 洗たく槽クリーナー」


www.amazon.co.jp


続いてご紹介する洗濯機の掃除クリーナーは、サラヤが展開する「アラウ. 洗たく槽クリーナー」です。天然ハーブ「スペアミント」の香り付きで、1ヶ月に1度の掃除頻度で使えます。ドラム式洗濯機には使用不可なので注意しましょう。汚れ落ちをしっかりと肉眼で確認したい方におすすめです。

▼アラウ. 洗たく槽クリーナーの口コミを確認する

価格296円(税込)~タイプ酸素系粉末/液体粉末ドラム式対応不可


【OXICLEAN】油汚れに効果てき面「オキシクリーンEX 2270g」


www.amazon.co.jp


続いてご紹介する洗濯機の掃除クリーナーは、OXICLEANが展開する「オキシクリーンEX 2270g」です。漂白剤成分に加えて、汚れを落とす成分の界面活性剤が入っており泡立ちもいいです。衣類の汚れから付着した油汚れなどに効果的なので、汚れた服を洗濯した後に使用するのがおすすめ。

▼オキシクリーンEX 2270gの口コミを確認する

価格2,728円(税込)~タイプ酸素系粉末/液体粉末ドラム式対応ー


ドラム式は使用できない商品もあるので注意


酸素系漂白剤の粉タイプはドラム式洗濯機で使用できない商品もあるので注意しましょう。ドラム式の洗濯機で使用すると、粉が吹きこぼれてしまたり、洗剤がうまく流れず詰まってしまったりなど故障の原因につながります。掃除クリーナーの購入の際は気をつけたいポイントです。


重曹


pixta.jp


重曹は、天然素材で洗濯機を掃除したい方におすすめ。漂白剤特有の刺激臭もなく体に優しい反面、塩素系漂白剤や酸素系漂白剤に比べると洗浄効果は弱くなります。重曹の溶け残りが排水経路で詰まってしまう危険性も高いので、しっかりお湯で溶かしてから使用しましょう。


【シャボン玉】人や環境に優しい「重曹」


www.amazon.co.jp


最後にご紹介する洗濯機の掃除クリーナーは、シャボン玉が展開する「重曹」です。人や環境に優しい洗剤で、洗濯機以外の掃除にも使えます。コスパがいいのも魅力の一つ。洗浄力は強力ではありませんが、ここまめな掃除をしたい方や落ちやすい軽めの汚れにおすすめです。

▼重曹の口コミを確認する

価格395円(税込)~タイプ重曹粉末/液体粉末ドラム式対応ー


重曹と酢やクエン酸は混ぜても除菌効果なし


重曹とクエン酸や酢を混ぜると、派手に泡が発生します。この泡には汚れを浮き上がらせる力はありますが、汚れを分解する力はないので除菌効果はありません。洗濯機などのカビ予防をしたいときは適さないので、覚えておきましょう。


ゴミ取りネットに対応している商品が便利


ゴミ取りネットをつけたまま掃除をすると、浮き上がったカビがネットにくっついて洗濯機が壊れてしまう可能性があります。忘れがちなポイントなので、あらかじめゴミ取りネット対応商品を購入するのがおすすめです。掃除後に付け忘れることもないので便利。


洗濯機の掃除方法


塩素系漂白剤を使った洗濯機の掃除


pixta.jp


まず、洗濯機に水を溜めます。洗濯槽洗浄ボタンがあれば、ボタンを押して水が溜められるので活用しましょう。商品の使用説明を読んだ後、適量の掃除クリーナーを洗濯機に投入します。掃除が終わった後は洗濯機のフタを開けて、しっかりと乾燥させましょう。

所要時間約40分必要な道具塩素系洗濯槽クリーナー


酸素系漂白剤を使った洗濯機の掃除


ゴミ取りネットを外して洗濯機に約40~50度のお湯を満水まで溜めた後、クリーナーを洗濯機に投入します。標準の洗いコースで約10分洗濯機を回し、約4~6時間放置します。

放置した後は洗濯槽に汚れが浮いてきますが、もう一度洗濯機を約5分回して汚れをすくう作業に移りましょう。ゴミすくいネットとバケツでゴミを取り除き、すすぎ洗いをした後にゴミを除去して終わりです。

所要時間約6~7時間必要な道具酸素系クリーナーゴミ取りネットバケツ


重曹を使った洗濯機の掃除


掃除の方法は、酸素系漂白剤と同じです。重曹は水量に合わせて150g~200gが適量ですが、水に溶けいくいためしっかりと約40~50度のお湯で溶かして使用しましょう。溶けなかった重曹が洗濯機の排水管に詰まり、故障の原因になるので注意が必須です。洗浄後は洗濯機のフタを開け、しっかりと乾燥させましょう。

所要時間約6~7時間必要な道具重曹(150g~200g)ゴミ取りネットバケツ


カビ汚れの危険性


pixta.jp


洗濯機のカビが増殖すると、洗濯物が臭ったり洗濯後の衣類に黒いゴミがついたりします。カビが付着した服を着ると肌あれを起こす場合も。干した洗濯物から空気中にカビが浮遊して、人体への悪影響を及ぼす危険性もあります。問題が起きる前に、洗濯機のこまめな掃除を心がけましょう。


洗濯機の掃除はこまめにするのがおすすめ


pixta.jp


今回は洗濯機のカビ予防や掃除の方法をあげながら、掃除におすすめなクリーナー5選をご紹介しました。ドラム式洗濯機で使用できないものや、漂白剤特有の刺激臭が少ないものまで掃除クリーナーの種類は様々です。業者に頼むのもいいですが、日ごろからのこまめな掃除で洗濯機を清潔に保ちましょう。ぜひ用途にあった洗濯機の掃除クリーナーを見つけてみてください。

  • 5/22 15:45
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます