元乃木坂46伊藤かりん、顎の手術後約1ヶ月の姿公開「さらに可愛くなった」の声

【モデルプレス=2021/06/22】元乃木坂46の伊藤かりんが21日、自身のYouTubeチャンネルを更新。顎の手術から約1ヶ月が経過したことを報告し、現在の姿を公開した。

◆伊藤かりん、術後約1ヶ月の姿公開

先月19日に更新されたYouTubeにて、上顎や下顎のズレによって噛み合わせや顔の形が変形する状態になるという「顎変形症」の中の「下顎前突症」であることを告白し、手術することを明かしていた伊藤。25日には自身のTwitterにて手術が無事終了したことを報告していた。

そして今回は手術から約1ヶ月経過したことを受け、現在の様子を公開。歯にはゴムが掛かっており、腫れはまだ完全に引いていない状態であるというが「ここ(顔の長さ)が短くなったような気がします」と、顎の位置を正したことにより、見た目に変化があったような気がすると明かした。

「ご飯食べててもぜんぜん噛まなくなりました」と口の中の痺れはほとんど無くなったとし、これからは術後の矯正を開始させるという。現在は指2本分ほどしか口が開かないため、カレーとドリアを繰り返し食べていると話した。

そして、病名を公表したことについて、当時は不安な思いもあったと言うが「本当に温かいコメントばかりで、入院中にそのコメントにすごく励まされました」と前向きに語った。

◆伊藤かりんの術後の姿に反響

今回の動画を受け、ファンからは「前から可愛いけどさらに可愛くなった」「全然違う!」「お大事になさってください」「早く腫れが収まりますように」「すごく参考になります」「これから治療頑張ってください」など多くのメッセージが寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/22 14:53
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます