3位の二階堂ふみは「完璧」!綾瀬はるかは「ミスだらけ」!? 「MCとして覇権を握りそう」な女優ランキング

拡大画像を見る

 最近のテレビ番組では、アナウンサーだけでなく芸人やアイドルがMCとして番組を回すことも多い。『NHK紅白歌合戦』では、綾瀬はるかや広瀬すず、二階堂ふみら女優が司会を務め、民放のバラエティ番組などでもMCとして活躍する女優も多い。そこで今回は10~30代の女性100人に「MCとして“覇権”を握りそうな女優」について聞いてみた。

 第3位には、二階堂ふみ、上戸彩が同率ランクイン。

 2020年大みそか放送の『第71回NHK紅白歌合戦』で、紅組司会を務めた二階堂ふみ。これまで番組MCの経験はなかった二階堂だが、滑舌よく安定感のある司会ぶりを発揮。主役であるアーティストを引き立て、総合司会の内村光良、白組司会の大泉洋とともに番組を仕切る手腕が視聴者からも高く評価されていた。二階堂の司会理由について『紅白』の実施本部長は、「文筆活動や写真家としても活動され、多彩な才能を発揮されています。加えて『エール』では素晴らしい歌唱力も見せていらっしゃいます。紅組のリーダーとしてヒロイン・音さながらの力強いエールを送ってくださることと思います」と語っていた。

 二階堂を選んだすべての人からも「紅白での司会を見て、落ちついてしっかりと進行していたので好感度が上がった」(37歳/女性/総務・人事・事務)、「紅白の司会が完璧だった。進行のうまさ、しゃべりがきちんとしていた」(37歳/女性/公務員)と絶賛されていた。

 一方の上戸彩は、2008年に『第50回日本レコード大賞』(TBS系)の司会を務め、2013年には『24時間テレビ36「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)で、嵐とともにチャリティーパーソナリティとして番組を盛り上げた。また『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)では、第4回大会から女性司会として今田耕司とともに番組を進行している。

 経験豊富な上戸を選んだ人からは、「M-1グランプリの司会をしているのを見て」(28歳/女性/総務・人事・事務)、「M-1のMCが板についている。ただまじめに司会をするだけでなく、彼女の良さがあふれている」(20歳/女性/学生・フリーター)「お笑い芸人さんともうまく絡めるし、安定感がある」(25歳/女性/主婦)など、スムーズなMCぶりが高評価だった。

■噛みまくりMCでも「かわいい」と好評

 第2位は、綾瀬はるか。

 これまで3度にわたり、『NHK紅白歌合戦』の司会を務めた経歴を持つ綾瀬。一般的に司会者に求められるのは進行の正確さやスムーズさだが、綾瀬の場合は言い間違いやミスが目立った。初司会の2013年には紹介コメントを忘れたり、「初出場」というワードがうまく言えずに噛みまくるという凡ミスを連発。2回目の2015年には目立ったミスがなかったものの、2019年は冒頭のあいさつで「紅組の司会めは……」と噛んでしまった。しかし天然キャラでお茶の間人気の高い綾瀬とあり、「かわいい」「ほっこりした」と視聴者には好評だった。

 綾瀬を選んだ人からも、「紅白の司会が天然要素もあって独特で良かった」(38歳/女性/営業・販売)、「笑いもとれるし、とても和んで良いと思ったから」(37歳/女性/総務・人事・事務)、「ミスしてもかわいいと思えるから。なんか好きになりました」(39歳/女性/主婦)など、紅白での司会ぶりが挙がっていた。

 そして第1位は、仲間由紀恵。

 仲間は『第56回NHK紅白歌合戦』に、紅組司会として初出演。それから第57回、第59回、第60回と全4回も紅組司会を務めていた。また『日本レコード大賞』(TBS系)でも、第56~57回と2年連続で総合司会に抜擢された。2016年からは『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)で女性総合司会としても活躍している。

 音楽番組のMCという印象が強いようで、仲間には「音楽番組のMCで引き込まれるような話し方だから」(24歳/女性/総務・人事・事務)、「紅白歌合戦の司会が落ちついていて良かったので」(38歳/女性/主婦)、「ミュージックフェアでの司会がすごいと思うから。優しい雰囲気で、画面も華やかになると思う」(19歳/女性/学生・フリーター)、「紅白やミュージックフェアなど、安心して見てられる。他の人への振りがうまいと思った」(34歳/女性)「声のトーンも落ちついているし、聞きやすく噛んだりしない。きゃりーぱみゅぱみゅを噛まずに言えていた」(36歳/女性/主婦)など、MCとしての実力が評価されていた。

関連リンク

  • 6/22 15:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます