自分じゃなくなっちゃう!恋愛で「自分を見失ってしまう」原因とは?

拡大画像を見る


恋をしているといつもの自分とは違ってくるという女性もいますよね。恋愛にのめり込んでしまい、冷静じゃいられなかったり、普段なら気にならないことが気になってしまうこともあるでしょう。
自分じゃない感覚にとまどって、居心地が悪い感覚に陥ることもあります。
そこで、恋愛で自分を見失ってしまう原因について紹介します。彼氏がいると態度が変わると言われたことのある女性は、参考にしてみて下さい。


恋愛にのめり込む

彼氏に夢中なあまり恋愛にのめり込んでしまう女性は、自分を見失ってしまうことが多いです。好きな人のことしか考えられなくなって、視野が狭まってしまうのです。
恋愛にのめり込んでいると、生活のすべてが恋愛中心になります。頭の中も彼氏のことばかりになってしまい、周りのことを考えられません。
そのため、気の利く人がわがままになるなどの変化が出てきてしまうのです。


彼にコントロールされる

自分の精神は自分の物なので、何がしたいかやどうするかといった行動は自分で決めます。しかし、彼氏にそういった判断をゆだねることで、自分自身を見失ってしまうことがあります。 彼氏のことが好きだから、言うことにすべて従おうとすることで決定権を彼氏にゆだねることになります。彼があなたをコントロールしようとしているのではなく、あなたが彼にコントロール権を与えてしまうのです。


依存している

好きな人とは常に一緒にいたいという女性もいるでしょう。一緒にいる時間が長くなることで、彼氏に依存してしまうと自分を見失ってしまうことがあります。
依存してしまうことで彼がいないと何もできないような女性になります。趣味にも興味がなくなってしまい、彼といるときだけが自分の大切な時間だと思ってしまうのです。


犠牲にしている

好きな人の役に立ちたいと思うこともあるでしょう。しかし、自分を犠牲にした上で彼に尽くしてしまうと自分を見失うことになります。彼にすべて合わせるのはやめましょう。
犠牲の上に成り立つ幸せは、あなたを幸せにできません。我慢ばかりになってしまい、いつもの自分がどうだったか忘れてしまうのです。


良い恋愛をしよう!

自分を見失う程の恋愛だと聞くと、純愛だと思うこともあるでしょう。
しかし、我に返った時になんてことをしていたのかと後悔することもあります。のめり込むだけが恋愛ではないですよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/22 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます