“ギャルモ時代”はローラに圧勝!? 鈴木奈々「美バスト」モデルとして仕事急増の現在

拡大画像を見る

 6月16日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、鈴木奈々(32)がPopteen時代にローラ(31)とモデル仲間だったことが明かされた。今回、『Popteen』(角川春樹事務所)モデルだった鈴木の他にみちょぱ(22)、ファッション誌『ViVi』(講談社)などで活躍した佐田真由美(43)ら「人気雑誌の裏側3世代」が出演し、モデル時代のエピソードを語った。

 鈴木は、10代のときに益若つばさ(35)に見出され『Popteen』でモデルデビュー。看板モデルを任される売れっ子だったといい、鈴木は「くみっきーとかがやっぱり強くて、だからすごいライバル意識を持ってました」「ローラちゃんも一緒だったんですよ」と舟山久美子(30)やローラの名前を挙げて振り返った。

 チュートリアルの徳井義実(46)が「ローラと両巨頭みたいな感じやったんでしょ?」と聞くと、業界をよく知る若槻千夏(37)は「私、当時から知ってるんですけど、奈々ちゃんとローラで言ったら、当時、奈々ちゃんのほうが知名度高かったです」「奈々ちゃんのほうが、何か身につけたときに爆売れするんですよ」とコメント。

 当時の鈴木の影響力はすさまじかったらしく、若槻が立ち上げたアパレルブランド「WCJ」のアイテムも、鈴木が身につけると翌日には完売。若槻は、「着てくれる中でも、つーちゃん(益若)と奈々ちゃんはホントに爆売れの2人」「つーちゃんのほうが毎月表紙とかはやってて有名なんだけど、(鈴木は)これから来る新人みたいな感じですごいファンが多かったです」と証言した。

■現在は育乳に励む日々

 しかし、鈴木といえばバラエティ番組を中心に活躍する“おバカ”タレントというイメージが強く、現在の鈴木とローラの方向性はまるで違うため、徳井が「どこから路線が別になったの?」と聞くと、鈴木は「やっぱりパンストかぶったあたりですかね」と苦笑い。

 ローラも一時はバラエティにひっぱりだこだったが、2016年にはハリウッド映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』に出演、海外を見据えた活動をスタート。現在は拠点をロサンゼルスに移し、CMやアンバサダーとして活躍。インスタグラムでは、スタイリッシュなライフスタイルを発信、YouTubeでトレーニング動画の配信なども行っている。

 一方の鈴木は2014年に結婚、最近では“おバカタレント”としての出演も減り、なんと「美バストモデル」として活動しているという。以前、鈴木は胸の大きさにコンプレックスがあり、若槻から「胸小さい仲間だった」と暴露されていたが、美ボディを目指して食事改善とマッサージでAカップからCカップまでバストサイズをアップさせたと胸を張った。

 2020年には『anan』(マガジンハウス)のグラビアで、美しいバストラインを披露。鈴木は美バストをキープするためにマッサージを毎日欠かさないといい、美バストになったことで「すごい仕事も入ってきましたよ」「2社から写真集のお話がきて」と笑顔を見せていた。

 方向性はだいぶ違ってしまったが、鈴木もローラもそれぞれの成功を手に入れた!?

関連リンク

  • 6/22 11:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます