ラトビア人が大好きな『日本の食』を再現すると? 「レベル高すぎ」「日本人でも作らない」

拡大画像を見る

ラトビア出身のアルトゥル(@ArturGalata)さんは、大の日本好き。Twitterではたびたび、日本の文化や勉強した日本語についての投稿をしています。

かつて、日本でしばらく暮らしていたことがあり、日本食のおいしさにも目覚めた、アルトゥルさん。

しかし現在は、各国で流行している新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の影響で、来日できずにいるといいます。

「日本のご飯を再現」

日本食が恋しいあまり、アルトゥルさんは自分で作ることを決意!そのレパートリーはだんだんと増えていっています。

日本への愛をひしひしと感じる、手料理の数々をご覧ください。

『日本の朝食』

『メロンパン』

『グラコロバーガー』

『豆腐』

定番の朝食メニューから、日本で人気のパンやハンバーガー、さらに大豆から手作りした豆腐など、手間暇かけた料理に驚かされます!

海外の人が、ここまで日本の食を好きでいてくれるなんて、日本人としては嬉しい限りですね。

投稿を見た人たちからは、称賛の声がたくさん寄せられています。

・素敵ですね!お豆腐とグラコロバーガーは、日本人でも作ったことある人はなかなかいない。

・好きなものを作る努力、尊敬します。早く来日できますように。

・すごい!料理が上手すぎて、来日した時に「自分が作ったほうがおいしい」ってならないか心配なレベル。

「コロナウイルスが終息したら、日本でおいしいものが食べたい」とつづっていた、アルトゥルさん。

その願いが早く叶えられることを、多くの人が祈っているでしょう。

またアルトゥルさんは、自身のYouTubeチャンネルにも日本食を作っている時の様子を公開しています。興味のある人はぜひ覗いてみてください!

アルトゥルshow time

[文・構成/grape編集部]

出典 @ArturGalata

関連リンク

  • 6/22 10:35
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます