三浦春馬さん1周忌まであと26日…愛されつづける「最初と最後」

拡大画像を見る

 昨年7月18日に30歳の若さで三浦春馬さんが急逝してから、もうすぐ1年。一周忌を控えた6月23日には、昨年12月公開に公開された三浦さん最後の主演映画『天外者』のBlu-rayとDVDが発売される。

「三浦さんが幕末から明治にかけて大阪経済の基礎を創り上げた偉人、五代友厚を演じた作品です。著書『日本製』(ワニブックス)で“俳優としても、ひとりの男性としてもベストを尽くすことができたと、胸を張って言える作品になった”と三浦さんが話していた通り、本作は高い評価を受け、第94回『キネマ旬報ベスト・テン』読者選出日本映画ベスト・テン1位と監督賞、第13回東京新聞映画賞も獲得しています」(女性誌記者)

 同作で監督を務めた田中光敏監督は、2月4日に都内で行われた『キネマ旬報』の表彰式で、

「三浦春馬という最高に素晴らしい役者と出会って、天外者を作り上げてこういう賞をいただけたと思います」「彼自身が本当に良いやつで前向きに現場にいてくれました」「これは春馬くんにもらった賞。彼の思いがたくさんの人たちに届いた、そういうふうに思っています」

 と、三浦さんに対する感謝の言葉を捧げていた。

■ハワイ進出も果たした

「同作で共演していた三浦さんと親交が深かったT.M.Revolutionの西川貴教(50)は三浦さんの訃報があった当日に『天外者』と三浦さんについて《なぁ、俺ら一緒に撮った映画どうすんだよ... まだ公開日も決まってないのに...》とツイートしていましたが、今年2月11日に『東京新聞映画賞』受賞について《またまた、やったぜ春馬!》と報告しています。本当に三浦さんが周囲から愛されていたな、と思えますね」(前出の女性誌記者)

 また、西川と同じく春馬さんとプライベートで親交が深く、同作で坂本龍馬を演じた三浦翔平(33)は3月16日に行われた東京新聞映画賞授賞式に出演者代表として出席し、

「(昨年7月に亡くなった)主演の三浦春馬さんの代わりに感謝申し上げます。彼の演じた熱量と監督をはじめ素晴らしいスタッフの皆さまの志により受賞できました。日本のみならず世界の多くの方々にこの賞、この作品が届いてほしい」

 と、受賞のあいさつで語っている。

「ちなみに『天外者』は、春馬さんの誕生日である4月5日に台湾に配給することが発表され、5月7日から上映されたほか、5月13~23日の期間で行われる『ハワイ国際映画祭』へ出品されました。ラストの主演作が海外進出を果たせて、天国で春馬さんも喜んでいることでしょう」(前同)

■最初の主演映画が関西で公開される

 また、三浦さんの故郷である茨城県土浦市の映画館『土浦セントラルシネマズ』では、三浦さんの初主演映画でありながらソフト化や配信化もしていない『森の学校』が館長の“ファンの思いを受け止める『聖地』にしたい”という意向で上映されてきたが、このたび、兵庫県丹波篠山市でも特別上映されることが決まった。

「『森の学校』は霊長類学者で児童文学作家の河合雅雄さんの自伝的小説『少年動物誌』が原作で、彼の出身地である兵庫県丹波篠山市北新町の田園交響ホールで9月17,18,19日に特別上映されることが決まりました。

 河合さんは今年5月に亡くなりましたが、追悼企画ではなく4月に上映は決まっていたと、6月18日に『丹波新聞』が報じています。茨城を訪れにくい関西圏のファンにとっては、嬉しいイベントではないでしょうか」(専門誌記者)

 特別上映会はフィルムで上映することから、主催の丹波篠山観光協会は、「映写機のカタカタ音もあり、昭和感を楽しんでいただければ」とコメントしていた。チケット販売が三浦さんの命日である7月18日であることに愛を感じる。

「映画以外では、中居正広(48)が昨年12月のラジオ番組『中居正広ON&ONAIR』(ニッポン放送)で2020年に今年亡くなった著名人を振り返る際、2018年の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)での三浦さんのパフォーマンスを“引きこまれちゃったのかなあ”と絶賛し、“軽い嫉妬みたいなのがあったのかなあ”と話したうえ、最後は“(次も)見たかったなぁ……”と、改めて残念そうに呟いていました」(前同)

 いまだに多くの人々に愛され続ける作品に携わった三浦春馬さん。あらためて、追悼の意を表します。

関連リンク

  • 6/22 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます