中居正広がこだわる「ラスト」と「最後のプレゼント」がかっこよすぎる!

拡大画像を見る

 中居正広は「ラスト」にこだわる。嵐が昨年の大みそかで活動を休止したが、そのラストコンサートの会場にプレゼントを送っている。「嵐・○○○」(○は個人名)と書かれた箸と、5人全員に書いた手紙も添えた。櫻井が番組で口にしたことで明らかになったが、中居本人は黙ったままというのが、なんともイキだ。

 中居は昨年3月末、ジャニーズ事務所を退所。その時点では“延命”していた「新・日本男児と中居」(日本テレビ系)が、今年3月27日に最終回を迎えた。本人の耳には昨年末の段階で入っていたが、最後まで隠し通した。一部報道が打ち切りをスッパ抜いても、公式サイトやツイッターでは緊急企画「第1回 後呂アナクイズ」のスタートをアナウンスするに終始した。結局、番組ラストで「最終回でした。バイバイー!」と笑顔で手を振ってお別れ。あっけない終幕だった。

「これは、クランクアップが決まっているドラマや映画と違って、バラエティの最終回はさみしすぎるという持論があるため、あえてああいう演出にしたとか。ラストの収録時には、8800円もする高級弁当『肉匠 堀越』の肉ばらずしを差し入れ。以前番組で紹介して大絶賛だったので、文字通りの大盤振る舞いをしたのです」(女性誌記者)

 また、SMAPのドームツアーの最終公演では、後ろで踊っていたキッズダンサー10人に、当時は高価だった音楽プレイヤーをプレゼントしている。その中にはキンプリの高橋海人もいた。

 18年末で滝沢秀明さんが芸能界を引退することを決めた際、中居はファンのために今井翼とのタッキー&翼を復活させるべきだと進言している。16年末、SMAPが不透明な解散をしたため、より強く願ったものだった。

 独立して2年目。ジャニーズを去っても、中居の美学は後輩たちに伝承されていく。

(北村ともこ)

関連リンク

  • 6/22 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます