アザール、レアル退団のラモスに言及「彼ともっとプレーしたかった」

拡大画像を見る

 レアル・マドリードのベルギー代表MFエデン・アザールが今季限りでの退団が決定したスペイン人DFセルヒオ・ラモスについてコメントした。21日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 レアル・マドリードは16日にラモスの退団を発表。アザールは「彼の幸せを願っている。彼ともっとプレーしたかった」と別れを惜しんだ。

 2019年夏にチェルシーから憧れのレアル・マドリードに移籍したアザール。「僕たちは2年間一緒に過ごしてきた。彼はリーダーだよ」とその存在の大きさを改めて強調。ラモスの今後にも期待を寄せている。

「彼には達成すべき目標がまだ多くある。彼は史上最高のディフェンダーの一人だ」

「彼がこれからも楽しんでくれることを願っているよ」

 ラモスはケガのため現在代表には招集されておらず、パリ・サンジェルマンなどが同選手に興味を示しているとされている。DFにも関わらずレアル・マドリードで通算101得点を決めたカピタンの去就に注目が集まる。

関連リンク

  • 6/22 10:02
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます