Koki,が「恐怖の村」シリーズで映画初主演!演技より心配な“バスト艶技”

拡大画像を見る

 木村拓哉と工藤静香の娘でモデルとして活動しているKoki, (「o」の上に-)が、映画「牛首村」で女優デビューすることが発表された。同作品は清水崇監督の「犬鳴村」「樹海村」に続く、「恐怖の村」シリーズの第3弾。

 発表されるとすぐになネットにはさまざまな意見が上がっている。「楽しみ」「初出演が初主演なんてすごい」という期待の声もあるが、多いのは「演技できるの?」「ゴリ押し感あるよなぁ」との声。Koki,の演技力を懸念する意見は多い。

「意外に思うかもしれませんが、ホラーは高い演技力が求められます。下手だと観客は興ざめしてしまい、作品そのものが失敗の烙印を押されてしまいます。Koki,が失敗に終わらないといいのですが…」(エンタメ誌ライター)

 演技はもちろんのことだが、さらに心配されているのが“バスト艶技”だという。スレンダーボディのKoki,が清水崇監督の「要求」に応えられるのかどうか、気にしている人も少なくないとか。どういうことか。

「『犬鳴村』の主演は三吉彩花で、推定Fカップ。劇中でFカップのふくらみが目に飛び込んでくるシーンがいくつもありました。『樹海村』で山口まゆとともに主演を務めた山田杏奈は推定Dカップで決して大きいとは言えませんが、入院したベッドの上で悶絶するシーンではやたらとバストが目立っていた。どちらも清水監督が狙ってやったように思えるんです。当然、Koki,にもバスト艶技を要求してくるはず。彼女がそれに応えられるのか。注目したいですね」(前出・エンタメ誌ライター)

 とかく“七光り”的な側面が取りざたされるKoki,の、ある意味真価が問われる“バスト艶技”。ここは、Koki,が自身の力で切り抜けるしかなさそうだ。

関連リンク

  • 6/22 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます