2連敗からの決勝T進出は史上初の快挙!…苦難乗り越えたデンマークが歴史に名を残す

拡大画像を見る

 EURO2020の決勝トーナメント進出を決めたデンマーク代表が、大会史上初となる快挙を成し遂げたようだ。21日、データサイト『オプタ』が伝えている。

 21日、EURO2020のグループB最終節が行われ、デンマーク代表はロシア代表と対戦。大会初戦はフィンランド代表に、第2節はベルギー代表に敗れ2連敗を喫していたデンマークだったが、この日は後半に3得点を重ねるなど底力を見せ、4-1とロシアに大勝を収めた。この結果、ともにグループステージを1勝2敗で終えたフィンランド代表、ロシア代表を得失点差で上回ることとなり、グループ2位での決勝トーナメント進出を決めている。

 このデンマークの奇跡的な大逆転劇は、大会の歴史を塗り替えるものとなったようだ。『オプタ』によると、グループステージで2連敗を喫してから決勝トーナメントへの切符を掴んだチームは、同大会の歴史上初めてだという。大会初戦では、主力のMFクリスティアン・エリクセンにショッキングなトラブルが起こったデンマーク代表だが、見事にその苦難を乗り越えて大会の歴史にその名を刻むこととなった。

関連リンク

  • 6/22 9:27
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます