平手友梨奈 絶妙な匙加減で“二つの顔”、現場スタッフにもファンが多いわけとは

拡大画像を見る

6月23日発売のViVi8月号(講談社)では、平手友梨奈がソロアーティストとしては初の2パターン表紙で登場する。



平手にとっても一つの雑誌で同時に2パターンの表紙が出るのはかなりレアなこと。ちょうどこの8月号が出る2日後の6月25日に20歳の誕生日を迎える平手。今回はそんな20歳をみんなでお祝いしたいということで、奇跡のダブル表紙が実現した。 


平手がViViのカバーを飾るのは昨年9月号に続き2回目。実は昨年の表紙撮影日が19歳の誕生日にとても近かったこともあり、「20歳の誕生日の時もカバーをやってほしい!」という声が編集部にたくさん寄せられていたという。その声に応えるべく、今回は平手の誕生月に発売する8月号でぜひ!と出演をオファー。


2パターンということで、「クールな平手」「甘めな平手」という二つの顔をコンセプトに。「クール」はそもそもがクールな平手なので、どんなカッコよさを見せてもらおう?と、今回はキメキメではなくラフなカッコよさを表現してもらった。


「甘め」の方は服の色や素材感は可愛いけれど甘すぎない感じ……、その絶妙な匙加減はさすがの表現力。結果どちらも「平手らしい」感じに。 


カバーストーリーは20歳の誕生日を記念したスペシャルバージョン。1時間以上に及ぶインタビューで、今回も読者から寄せられた中から合計60問に答えている。20歳を切り口にした質問もたくさん。中でも多かった「以前、インタビューで、20歳で結婚していると思うと言っていましたが、ご結婚の予定はありますか?」も直撃!「え~……ふふふ」と質問に驚いて笑いながらも返した答えとは!?


今回、6ポーズ撮影したが、1カット1カット、ヘアやメイクもチェンジ。「つのヘア」や「パールつけまつげ」などレアな平手を見ることができる。撮影の際、平手自身からも「前々回の撮影で、同じ感じの色のパンツを履いたので、今回は違った色で見せたい」といった意見が出るなど、それぞれどう見せるべきかを真剣に考えて臨んでいたという。そんな平手がカメラの前に立つと、射抜くような目つきをしたかと思うとフッと力が緩んだり、その圧倒的な存在感に周りもどんどん引き込まれていく。表現することに対してきちんと大切に向き合ってくれるからこそ、現場スタッフにもファンが多い所以なのだろう。


そんな、「20歳にいちばん近い平手友梨奈」が見られる大特集、ぜひお手にとってみては?


ViVi 2021年8月号
発売日:2021年6月23日(水)  ※首都圏基準
価格:通常版・特別版共に690円(税込) ※通常版と特別版は表紙が異なり、収録内容は一緒ですが、特別版のみとじ込み付録「平手友梨奈スペシャルンナップ」が付きます。
発行元:株式会社講談社




関連リンク

  • 6/22 8:55
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます