原田知世&椎名桔平の熱愛報道に「ステキ〜」の声。祝福される熟年カップルの特徴

拡大画像を見る

<亀山早苗の恋愛時評>

 椎名桔平(56歳)原田知世(53歳)の「ホルモン焼きデート」が、6月18日発売の週刊誌『FRIDAY』で報じられました。この熱愛報道にネット上では、同世代はもとより若い人たちからも「渋いカップル。素敵」などの声が多くあがり、ほぼすべてが好意的コメントです。

 こんなに憧れられる熟年カップルの特徴とは? 夫婦関係に関する著書多数の亀山早苗さんに聞きました。亀山さんは、2人の若い頃の活躍を見てきた世代でもあります(以下、亀山さんの寄稿)。

◆“時代の寵児”だった原田知世

 原田知世といえば、角川映画が華やかなりしころ、薬師丸ひろ子、渡辺典子とともに「角川三人娘」として大活躍をした女優。1982年に14歳でデビューし、映画『時をかける少女』(1983・大林宣彦監督)で一気に時代の寵児となった。

 その後も『愛情物語』(1984)、『天国にいちばん近い島』(1984)など、次々に主演を務め、主題歌も歌い、その透明感ある歌声も披露した。美空ひばりしかり、吉永小百合しかり、かつては映画の主題歌はヒロインが歌うものだったのだ。

薬師丸ひろ子か、原田知世か」、当時の若い男子の間では常に話題になっていた。その後は歌手活動も本格的に始め、現在では歌手として認識している人も多いのかもしれない。デビュー当時の原田に会ったことがあるという記者は、彼女の印象をこう話す。

おっとりしているけどインタビューすると、にこやかながら淡々と自分の意見を話す人。知的な印象がありました」(芸能ライター)

 最近では、『あなたの番です』のドラマ、映画版ともに出演、女優としても歌手としても活動を続けている。

◆原田のファンだった椎名桔平は“苦労人”

 そんな原田のファンだったという椎名桔平。彼は1986年、21歳でデビューしたものの、20代後半までアルバイトをしながら劇団「新宿梁山泊」などで修行を積んだ苦労人である。『ヌードの夜』(1993・石井隆監督)で同性愛者役を熱演、関係者の注目を集めた。「かっこいい役者が出てきた」と話題になったものだ。『金融腐蝕列島 呪縛』(1999年)では数々の助演男優賞を総なめにして、演技派俳優としての地位を確立した。

 椎名は16年の結婚生活を経て2019年に離婚、原田は8年間の結婚後、2013年に離婚している。ふたりともバツイチで、現在は独身。2018年の『連続ドラマW 不発弾~ブラックマネーを操る男~』(WOWOW)で共演したのがきっかけではと言われている。

 今回、想定外の大物カップルが写真を撮られたのは、ホルモン焼き店でのデート。店を出るとき、彼女が出やすいようにと、椎名が暖簾を手で上げた「さりげない気遣い」が女性たちの胸をキュンとさせた。

◆2人に祝福の声が殺到する理由

 彼らのように、周りから「素敵なカップル」と祝福される熟年カップルはどういうものなのだろうか。

 このふたりは長年、第一線で活動し地道に実力を積み上げてきた。10代半ばでデビューして一気に人気者となった原田は、おそらくこのままでいいのかと迷ったこともあるだろうし、いつまで人気が続くのかと、不安を覚えたこともあるだろう。

 一方の椎名は、20代のころ、いくつになっても売れなかったらどうしよう、俳優の道を続けていていいのかという悩みもあったかもしれない。早熟と晩熟、対照的なふたりだが、迷ったり悩んだりしたのは同じ、共感できるところがあったのではないだろうか。

 そして、どんな思いも乗り越えて、「我が道を行く」と決め、着実に足跡を残してきた。そんなふたりに見えるのだ。だからこそ、支持する声も多いのではないだろうか。

◆周囲から祝福される熟年カップルとは

 ここで、一般の人の事例も紹介しよう。会社員のタマミさん(38歳)はこう話す。

「会社の先輩がつい最近、50代で結婚したんです。彼女は20代で離婚してから仕事一途だったそう。親の介護とか大変なこともあったようですが、私が新卒で彼女の下で働くようになってから、本当に素敵な先輩だと尊敬してきました。いつも穏やかで感情的にならず、とにかく親切。会社始まって以来、初の女性役員になりましたが、彼女ならみんな納得でした」

 先輩の相手は取引のある会社に勤める1歳年下の男性だという。

「まったく噂にすらなっていなかったので、いきなり結婚発表があってみんなびっくり。私も相手の方を知っていますが、とってもいい人なんですよ。お似合いだねという声ばかりです。長い間、知り合い以上友人未満みたいな関係だったらしいですが、この1年くらいで急速に親しくなったそうです」

 独身女性たちの間では、「あの年齢になってから落ち着いて結婚するのもいいかもね」という声が上がっているのだという。

◆熟年の恋や結婚は“大人だからこそできる選択”

 今どきの50代はまだ若い。他者からみれば仕事も人生も落ち着いてきただろうと思うかもしれないが、おそらく本人の中では「まだまだがんばりたい」と感じているはずだ。

 だが、後半生を歩んでいる自覚はある。ふと周りを見渡すと、家族を作らずひとりでいるのが妙に寂しいと感じる瞬間があるだろう。そんなとき、恋愛や結婚のチャンスがあれば、豊かな時間を過ごすために、つかみとろうとするのは当然だ

 何があっても責任をとれると判断した上でのこと。熟年になってからの恋や結婚は、大人だからこそできる選択なのかもしれない。

<取材・文/亀山早苗>

【亀山早苗】
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。Twitter:@viofatalevio

関連リンク

  • 6/22 8:47
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます